全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

男女で唄掛け手踊り 旧正月「節田マンカイ」 奄美市笠利町

男女が向き合って唄掛けと手踊りを楽しんだ旧正月の伝統行事「節田マンカイ」=5日、奄美市笠利町節田

 旧暦1月1日に当たる5日の夜、鹿児島県奄美市笠利町の節田集落(朝郁夫区長、297世帯505人)で旧正月の伝統行事「節田マンカイ」があった。向かい合って座った男女が唄を掛け合いながら手踊りを繰り返し、伝統の遊びで新年を祝った。

 「マンカイ」は「招く」の意味がある。昭和初期ごろまで笠利町内の各地で踊られていたが、現在は節田集落だけに残る。かつては男女の出会いの場でもあったという。2008年に県の無形民俗文化財に指定された。

 午後8時ごろから節田生活館であり、踊り手は「塩道長浜」などの掛け合い唄で踊り、互いの手のひらを重ね合わせた。終盤にかけて三味線とチヂン(太鼓)のテンポが速くなると、会場の熱気も最高潮に。最後は六調で締めくくった。

 節田婦人会による地元の正月料理「アザンヤセ(アザミと豚骨の煮物)」も振る舞われた。朝区長(64)は「集落では節田マンカイの保存会を組織して40、50代を中心に月2回のペースで練習している。独特の芸能を若い世代に継承していきたい」と語った。

関連記事

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。  十勝...

ミャークフツで思いはせ 歌や踊り、方言話で宮古一色 八重山在宮古郷友会

 第4回ユガイナミャークフツ(愉快な宮古方言)の夕べ(八重山在宮古郷友会主催)が21日夜、石垣市内のホテルで開催され、多くの郷友らが歌や踊り、方言話を通してルーツに思いをはせた。  宮古出身者と...

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りの紅やマ...

田原に親子交流館

 渥美半島の玄関口、渥美線三河田原駅前の新たな交流拠点「LaLaGran(ララグラン)」で22日、親子交流館「すくっと」がオープンした。遊びや活動ができ、子育てに関する公共サービスを提供する場で、田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク