全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

特別展を開催 南方熊楠記念館

所蔵者が分からない盗難被害に遭った仏像も展示している特別展(白浜町で)

 南方熊楠記念館(和歌山県白浜町)は、特別展「文化財・地域コミュニティを守ろう」を始めた。盗難に遭い、所蔵者が分からない仏像や仏具も展示している。今回の展示がきっかけで所蔵者に関する情報が出てくることを記念館は期待し、協力した県立博物館(和歌山市)は「展示しているような仏像が狙われるということを知ってもらう機会になればいい」と話している。

 仏像や仏具は、室町~江戸時代に作られたとみられる阿弥陀如来像や弘法大師像、弁才天像など7点。仏像などを狙った窃盗事件の容疑者が逮捕され、転売されていた古物商から取り戻したものという。所蔵者が分かったものは返却されたが、不明のものが40点あり、県立博物館が保管している。
 今回の7点はこのうちの一部。所蔵者が分からない仏像などを県立博物館以外で展示するのは初めてという。
 特別展では、文化財を守る取り組みも紹介している。県立博物館では、和歌山工業高校や和歌山大学(ともに和歌山市)の協力で3Dプリンターを使った文化財の複製を制作しており、その過程を紹介している。2008年に切断されているのが見つかった田辺市文化財の石像「牛馬童子」の首の複製も展示しており、触ることができる。
 このほか、県内にある国の有形文化財(建築物)の写真も並べている。田辺市本宮町の亀屋旅館本館や同市中屋敷町の南方熊楠邸、串本町樫野の灯台旧官舎、みなべ町北道の大江家住宅など74点を紹介している。
 記念館の谷脇幹雄館長は「熊楠は自然や地域コミュニティーを守るために神社合祀(ごうし)反対運動を展開したことで知られる。文化財を守る取り組みを紹介することは熊楠の思いともつながるし、彼も評価してくれるのではないか」と話している。特別展は4月21日まで。

関連記事

帯広の森50年 後世へ シンボルツリーを植樹

 「帯広の森」の造成開始から50周年を迎え、記念植樹と森づくりの集いが19日、市内の帯広の森で行われた。市民ら約100人が見守る中、米沢則寿市長や歴代市長らは新たなシンボルツリーとなるハルニレ...

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク