全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

特別展を開催 南方熊楠記念館

所蔵者が分からない盗難被害に遭った仏像も展示している特別展(白浜町で)

 南方熊楠記念館(和歌山県白浜町)は、特別展「文化財・地域コミュニティを守ろう」を始めた。盗難に遭い、所蔵者が分からない仏像や仏具も展示している。今回の展示がきっかけで所蔵者に関する情報が出てくることを記念館は期待し、協力した県立博物館(和歌山市)は「展示しているような仏像が狙われるということを知ってもらう機会になればいい」と話している。

 仏像や仏具は、室町~江戸時代に作られたとみられる阿弥陀如来像や弘法大師像、弁才天像など7点。仏像などを狙った窃盗事件の容疑者が逮捕され、転売されていた古物商から取り戻したものという。所蔵者が分かったものは返却されたが、不明のものが40点あり、県立博物館が保管している。
 今回の7点はこのうちの一部。所蔵者が分からない仏像などを県立博物館以外で展示するのは初めてという。
 特別展では、文化財を守る取り組みも紹介している。県立博物館では、和歌山工業高校や和歌山大学(ともに和歌山市)の協力で3Dプリンターを使った文化財の複製を制作しており、その過程を紹介している。2008年に切断されているのが見つかった田辺市文化財の石像「牛馬童子」の首の複製も展示しており、触ることができる。
 このほか、県内にある国の有形文化財(建築物)の写真も並べている。田辺市本宮町の亀屋旅館本館や同市中屋敷町の南方熊楠邸、串本町樫野の灯台旧官舎、みなべ町北道の大江家住宅など74点を紹介している。
 記念館の谷脇幹雄館長は「熊楠は自然や地域コミュニティーを守るために神社合祀(ごうし)反対運動を展開したことで知られる。文化財を守る取り組みを紹介することは熊楠の思いともつながるし、彼も評価してくれるのではないか」と話している。特別展は4月21日まで。

関連記事

豊橋市民病院の手術センター棟が完成

 豊橋市民病院で21日、手術センター棟の完工式が開かれた。外科手術とカテーテル治療が同時にできる「ハイブリッド手術室」と、内視鏡手術室の計3室を増設、より高度で安全な医療ができるようになった。緊急手...

紀伊民報社

「木」主題に本を展示 「木育キャラバン」にちなみ

 和歌山県田辺市新庄町のビッグ・ユー内にある県立紀南図書館は館内入り口近くで、「木」を主題に自然に関する本を集めた展示をしている。23、24日にビッグ・ユーで開かれる催し「木育キャラバン」(実行...

荘内日報社

荘内病院へ医師派遣支援

 山形大医学部や関連病院会、県医師会などで構成する蔵王協議会(会長・嘉山孝正山形大医学部参与)は20日、鶴岡市立荘内病院(三科武院長)の要望に応え、同病院の呼吸器内科、循環器内科の2科へ医師を派遣する...

宇部日報社

米の高校生4人、小野田工高で柔道交流

 米国ワシントン州ケント市の高校生4人が、18~20日の日程で山陽小野田市の小野田工高を訪れ、授業や柔道練習で交流を深めた。生徒たちは再会を誓い合っていた。  全国高等学校体育連盟柔道専門部が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク