全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「柚餅子(ゆべし)」3千個乾燥中

乾燥中の柚餅子(田辺市龍神村宮代で)

 和歌山県田辺市龍神村の特産物として知られる「柚餅子(ゆべし)」を製造販売する龍神味噌(みそ)加工組合(龍神村宮代)は、専用の作業小屋に約3千個を並べて乾燥させている。出荷は4月ごろを予定しており、近年は用途も広がりを見せている。

 同組合によると、柚餅子は龍神村へ逃れてきた落ち武者が保存食として持っていたものが、今に伝わっているのではないかという。
 現在の柚餅子は、龍神村産のユズの果実を取り除いた果皮の中に国産の味噌、ごま、ピーナツ、七味、砂糖などを詰めて蒸した後、自然乾燥させて仕上げる。黄色い皮が次第に味噌の茶色に染まる。製造は例年、11月ごろに始め、翌年3月ごろまで乾燥させる。
 薄く切って、紀州名物の茶がゆのおかずや酒のつまみとして食べるのが一般的だが、近年はワインのつまみとして味わったり、ケーキやパスタにも用いたりと用途が広がっている。
 昨年、龍神村龍神の宿泊施設「季楽里龍神」であったパーティーでは、オードブルで出すカナッペに柚餅子を乗せて提供してPRした。数年前に商社を通じてフランスに送ったこともあり、最近は東京の有名ホテルにも届けるなどしている。
 龍神村の道の駅や旅館で小サイズ600円(税別)、大サイズ800円(同)で土産物として販売している。
 龍神味噌加工組合の担当者は「今では、販売用に多く製造しているのは組合だけになった。皆さんに伝統食を楽しんでもらえるように、これからも作り続けていきたい」と話している。

関連記事

イセエビ汁など人気 名瀬漁協でお魚まつり 群島水産青年協

 奄美群島水産青年協議会(岩橋弘明会長)主催の「新鮮なお魚まつり」が21日、鹿児島県奄美市の名瀬漁協であった。奄美近海で水揚げされた魚介類や水産加工品が格安で販売され、多くの買い物客でにぎわった...

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ 帯広まつもと薬局

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

長野日報社

どぶろくの仕込み佳境 27日に御座石神社で祭り

祭りの宴席でどぶろくが振る舞われる、茅野市無形文化財指定の伝統祭事、御座石神社(同市本町)のどぶろく祭に向け、どぶろくの仕込み作業が佳境を迎えた。仕込みは同神社境内の濁酒醸造蔵で行われており、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク