全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「柚餅子(ゆべし)」3千個乾燥中

乾燥中の柚餅子(田辺市龍神村宮代で)

 和歌山県田辺市龍神村の特産物として知られる「柚餅子(ゆべし)」を製造販売する龍神味噌(みそ)加工組合(龍神村宮代)は、専用の作業小屋に約3千個を並べて乾燥させている。出荷は4月ごろを予定しており、近年は用途も広がりを見せている。

 同組合によると、柚餅子は龍神村へ逃れてきた落ち武者が保存食として持っていたものが、今に伝わっているのではないかという。
 現在の柚餅子は、龍神村産のユズの果実を取り除いた果皮の中に国産の味噌、ごま、ピーナツ、七味、砂糖などを詰めて蒸した後、自然乾燥させて仕上げる。黄色い皮が次第に味噌の茶色に染まる。製造は例年、11月ごろに始め、翌年3月ごろまで乾燥させる。
 薄く切って、紀州名物の茶がゆのおかずや酒のつまみとして食べるのが一般的だが、近年はワインのつまみとして味わったり、ケーキやパスタにも用いたりと用途が広がっている。
 昨年、龍神村龍神の宿泊施設「季楽里龍神」であったパーティーでは、オードブルで出すカナッペに柚餅子を乗せて提供してPRした。数年前に商社を通じてフランスに送ったこともあり、最近は東京の有名ホテルにも届けるなどしている。
 龍神村の道の駅や旅館で小サイズ600円(税別)、大サイズ800円(同)で土産物として販売している。
 龍神味噌加工組合の担当者は「今では、販売用に多く製造しているのは組合だけになった。皆さんに伝統食を楽しんでもらえるように、これからも作り続けていきたい」と話している。

関連記事

ぷらっと広場でラーメン 「古里の力に」 陸別

 陸別町出身の工藤篤史さん(43)が、商業活性化施設「コミュニティプラザ☆ぷらっと」(町大通)内の1階フリースペース「ぷらっと広場」に、コミュニティカフェ「K’Sキッチン」をオープンさせた。「古里の...

長野日報社

駒ケ根のイチゴ「紅ほっぺ」 台湾へ初出荷

長野県駒ケ根市の農事組合法人北の原は、北の原地区で栽培したイチゴを台湾の台中市で販売する。駒ケ根市では初となるイチゴの輸出。14日には初荷の20ケースが空輸のために関西国際空港へ送られた。2日...

長野日報社

新成人が酒造りに挑戦 辰野の小野酒造店

長野県辰野町小野の小野酒造店で、新成人による酒造りプロジェクト「oresake(オレサケ)」が進められている。町内出身または在勤の男女5人が参加し、地元産の酒米を使った仕込みからラベル制作まで...

長野日報社

涅槃会前に「やしょうま」作り 諏訪市の地蔵寺

釈迦の命日とされる15日の涅槃会を前に、長野県諏訪市岡村の地蔵寺の婦人会(芦沢フサ会長)は12日、米粉で作る郷土菓子「やしょうま」を同寺で作った。涅槃会の供物として北信地方を中心に県内で親しま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク