全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

農山漁村ホームステイ10年 修学旅行生2万人が来勝

ホームステイを終えて生産者との別れを惜しむ参加生徒(2018年、南十勝エリア。食の絆を育む会提供)

 NPO法人食の絆を育む会(浦幌町、近江正隆理事長)が取り組む農山漁村ホームステイ事業が、開始から10年の節目を迎えた。都会(消費地)の高校生が生産現場を理解し、人とのつながりを感じる新しい教育の場として定着した。受け入れ延べ人数は2万人を超え、ホームステイ参加者が進学、就職先に十勝を選ぶケースもみられる。

 農山漁村ホームステイは修学旅行で訪れる大阪や東京の高校生を農業者、漁業者、林業者宅で受け入れ、生産者の日常を体験してもらう事業。

 2008年に浦幌町で試験的に実施し、10年から管内の農家らと提携して本格的に始めた。現在は取り組みに賛同する生産者や自治体でNPO法人を立ち上げ、運営している。

 各家庭では泊まりがけで農作業や漁業を経験。受け入れる生産者は家族のように接する。参加生徒からは「『知らない人について行ったらだめ』と教えられて育ってきたので、他人への安心感を取り戻せた」などの感想が寄せられている。

 学校からの評価も高く、新規の申し込みは多数あり、応えきれない状況だ。

 最近は、ホームステイ事業に参加した生徒が十勝で進学、就職・就農する例も。毎年、十勝に遊びに来たり、農作物の収穫の手伝いに来る参加者も少なくない。受け入れる側も、1次産業の魅力や価値を再認識する契機になっている。

 近江理事長は「当初は農業への理解を広めようと始めたが、想定しなかった効果が参加者と生産者双方に生まれている。事業の課題はあるが、持続的に実施していける枠組みづくりを進めたい」と話している。

関連記事

荘内日報社

若者が「鶴岡シルク」アピール

 鶴岡の伝統産業の「シルク」をテーマに、地域で伝承されてきた絹文化を生かした新たなまちづくりの創造につなげる「シルクノチカラ2019」が23日(土)午後1時から、鶴岡市の荘銀タクト鶴岡(市文化会館)で開か...

紀伊民報社

豪快に海へダイブ 水陸両用観光バス試乗会

 琵琶湖周辺で水陸両用観光バスツアーを手掛けている「ティアンドティ・コーポレーション」(滋賀県長浜市)が20日、和歌山県田辺市磯間の湊浦漁港で、地元の観光関係者らを対象にした試乗会を開いた。約5...

苫小牧漁協がサケの採卵作業 来春放流へ期待込めて

 苫小牧漁業協同組合の錦多峰さけ・ますふ化場(錦岡)で21日、今季最後のサケの採卵作業が行われた。漁業関係者ら約10人が早朝から、捕獲したサケを選別して人工授精。今季は前年並みの親魚を確保してお...

マレーシアでポートセールス 苫小牧港の機能をアピール

 【マレーシア・クアラルンプール】苫小牧港利用促進協議会(会長・岩倉博文苫小牧市長)が主催する苫小牧港セミナーが20日、海外ポートセールスで訪れたマレーシア・クアラルンプール市のホテルで開かれ、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク