全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

しべパフェ 札幌で限定販売【標茶】

標茶高校の生徒のアイデアをもとに完成したパフェ

 標茶高校の生徒たちのアイデアをもとにして標茶産牛乳を使ったパフェ「しべパフェ」の第1弾が完成し、「初音ミク」を開発した札幌のクリプトン・フューチャー・メディア(伊藤博之社長)が経営する「ミライスト カフェ&キッチン」でさっぽろ雪まつりを中心に2日から17日まで限定発売されている。

 4日には、この企画をきっかけに、標茶高校の活動と標茶町活性化事業に取り組もうと、標茶高校、町、農協、商工会、観光協会と同社の6団体トップが集まり協定書に調印、高校生の発案による町おこしにスクラムを組んで互いに取り組むことを確認した。

 同企画は、幅広い世代に人気のあるパフェを通して、6次産業化を進め、知名度や魅力アップなどを目指す。道教委の高校OPENプロジェクト指定校に選ばれた。

 完成したパフェは、高校生のアイデアをもとに店舗のスタッフが仕上げた。標茶産牛乳を使ったたっぷりのソフトクリームに、同店恒例の「雪ミク」のペット「ラビット・ユキネ」のクッキーや黄桃、寒天の琥珀糖、さわやかなライチゼリーなどを配置。発案した3人の高校生が10日には札幌を訪れ、販売にも携わる。

 協定書は各団体による町内の産業の6次産業化を通じた発展への協力と教育や研究の振興・発展への協力をうたっている。調印式では、佐藤吉彦町長が「この取り組みを標茶町の元気につなげたい」、標茶町出身の伊藤社長は「パフェは運べません。パフェを食べに標茶に来るよう、情報発信などで標茶を盛り上げたい」とエールを送った。

関連記事

リトアニア代表が豊小と交流

豊橋市総合体育館で児童らとゴールボール試合  2020年東京五輪・パラリンピックへ向けたトレーニングキャンプをホストタウンの豊橋市で行っている欧州リトアニアのゴールボール代表は24日、同市総合体育...

荘内日報社

公益大 モンゴルに派遣の3人が帰国報告会

 今年3月、モンゴルの首都・ウランバートルにある国際協力機構(JICA)機関の一つ「モンゴル日本人材開発センター」でインターンシップを行った、東北公益文科大学(酒田市)の学生3人による報告会が22日夕...

紀伊民報社

令和改元で特設窓口 印南町

 和歌山県印南町は、令和への改元に伴い婚姻届と出生届が増えることが予想される祝日の5月1日、住民福祉課の受付窓口を特設する。通常の休日は宿直が対応しているが、この日は職員を増員し、記念撮影用のブ...

3号機打ち上げ準備完了 IST「MOMO」 大樹

 大樹町内のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」(IST、稲川貴大社長)は23日、町浜大樹の実験場で観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げを想定した最終リハーサルを行った。燃料...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク