全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

しべパフェ 札幌で限定販売【標茶】

標茶高校の生徒のアイデアをもとに完成したパフェ

 標茶高校の生徒たちのアイデアをもとにして標茶産牛乳を使ったパフェ「しべパフェ」の第1弾が完成し、「初音ミク」を開発した札幌のクリプトン・フューチャー・メディア(伊藤博之社長)が経営する「ミライスト カフェ&キッチン」でさっぽろ雪まつりを中心に2日から17日まで限定発売されている。

 4日には、この企画をきっかけに、標茶高校の活動と標茶町活性化事業に取り組もうと、標茶高校、町、農協、商工会、観光協会と同社の6団体トップが集まり協定書に調印、高校生の発案による町おこしにスクラムを組んで互いに取り組むことを確認した。

 同企画は、幅広い世代に人気のあるパフェを通して、6次産業化を進め、知名度や魅力アップなどを目指す。道教委の高校OPENプロジェクト指定校に選ばれた。

 完成したパフェは、高校生のアイデアをもとに店舗のスタッフが仕上げた。標茶産牛乳を使ったたっぷりのソフトクリームに、同店恒例の「雪ミク」のペット「ラビット・ユキネ」のクッキーや黄桃、寒天の琥珀糖、さわやかなライチゼリーなどを配置。発案した3人の高校生が10日には札幌を訪れ、販売にも携わる。

 協定書は各団体による町内の産業の6次産業化を通じた発展への協力と教育や研究の振興・発展への協力をうたっている。調印式では、佐藤吉彦町長が「この取り組みを標茶町の元気につなげたい」、標茶町出身の伊藤社長は「パフェは運べません。パフェを食べに標茶に来るよう、情報発信などで標茶を盛り上げたい」とエールを送った。

関連記事

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

北羽新報社

「祭り集結」圧巻、熱く

 県内外の祭りが会する「第32回おなごりフェスティバルin能代2019」は14日、能代市の畠町通りで開催された。令和初めてとなるおなごりフェスには、仙台すずめ踊りや青森ねぶた、盛岡さんさなど東北地方を...

石垣市文化協会を表彰 しまくとぅば県民大会 又吉さん、米城さんも

 【うるま】第7回しまくとぅば県民大会(県主催)が14日午後、うるま市民芸術劇場響ホールであり、しまくとぅば普及功労者として石垣市文化協会(江川義久会長)、又吉智永さん(79)=竹富町黒島=、米城惠...

長野日報社

諏訪湖よさこい開幕 県内外1000人が演舞

 長野県内最大規模のよさこいイベント、第7回「諏訪湖よさこい」(実行委員会主催)が14日、下諏訪町の赤砂崎公園と岡谷市 の岡谷湖畔公園で始まった。2日間にわたり、県内外の一般・ジュニア計36団...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク