全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

地元の自然や保全学びながら熱戦

 第7回鶴岡市こども環境かるた大会が3日、市第三学区コミュニティセンターで開かれた。市内の小学生たちが2人一組のチーム同士でかるた取り競技に熱戦を繰り広げ、地元の自然や環境保全について学んだ。

 こども環境かるたは、市と関係団体などでつくる「環境つるおか推進協議会」(会長・小谷卓鶴岡高専名誉教授)が2011、12年度の2年間で、市内の小中学生から44音の読み札と絵札を公募して製作。鶴岡書店組合を通じて頒布している。大会は同協議会主催、同書店組合共催、鶴岡市後援で毎年この時期に実施している。

 大会には友達同士やきょうだいなど31チームが出場。小学生低、中、高学年の3部門に分かれ、各部門でトーナメント戦と敗者復活戦が行われた。

 畳2枚を敷いて競技場とし、2チームが対面して自陣に22枚ずつ絵札を置いて対戦。「わぁきれい豊かな緑鶴岡市」「海岸に捨てて帰るなゴミの山」「節電で母さんよろこぶ電気代」など身近な環境にまつわる読み札が読み上げられると、子どもたちは「はい」と元気な声とともに勢いよく手を伸ばし、札を取っていた。

 2回目の参加で高学年の部に出場した大山小5年の佐藤真穂さん(11)と佐藤まゆさん(11)は「正月休みや学校の休み時間に練習を重ねてきた。前回は中学年の部の敗者復活戦1位だったけど、今年は3位以上に入りたい」と意気込みを話し、対戦に臨んでいた。

鶴岡市オリジナルの環境かるたで熱戦を繰り広げる小学生たち

関連記事

長野日報社

国道伊南バイパス、リニア県駅まで延伸 期成同盟会設立へ

 飯島町、中川村と下伊那郡松川町、高森町は7月10日、国道153号伊南バイパスを飯田市に設置されるリニア中央新幹線の県駅まで延伸させることを目指し、「国道153号下市田・本郷間改良促進期成同盟会...

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク