全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「立春」の朝 雪景色 帯広10センチ、広尾23センチ

雪が降る中、登校する小学生

 暦の上では春の始まりとされる「立春」の4日、十勝地方は、低気圧の影響で雪が降った。正午までの24時間降雪量は、最も多い広尾で23センチ、帯広は10センチだった。

 他地点の降雪量は、中札内村上札内17センチ、浦幌と上士幌町ぬかびら源泉郷16センチなど。同日朝の帯広市内では、雪かきする市民や傘を差しながら登校する児童の姿が見られ、春の気配は感じられなかった。

 ただ、フェーン現象などの影響で気温は上昇。帯広測候所によると、同日正午の帯広の気温は2.9度と、平年より6.9度高かった。

 5日の帯広は晴れの予報で、予想最高気温は氷点下3度、最低気温は同10度。

関連記事

ブラインドサッカー 十勝初チーム誕生

 十勝管内の医療・福祉関係者がブラインドサッカーチーム「とかちflow(フロー)」を立ち上げた。道内では2例目で、2020年に日本ブラインドサッカー協会主催の北日本リーグへの参入を目指す。視覚障害...

宇部日報社

女性への暴力根絶を 石炭記念館展望台、26日まで紫色にライトアップ【宇部】

 女性への暴力の根絶を呼び掛けようと、宇部市石炭記念館の展望台が、啓発活動の象徴「パープルリボン」にちなんで紫色にライトアップされている。26日まで。  国が定める「女性に対する暴力をなくす運動...

珍鳥サカツラガン飛来 石垣島では数年ぶり 市内田んぼで3羽確認

 珍しい迷鳥サカツラガン3羽が11日、石垣市内の田んぼで確認された。県内では1983年に沖縄本島で初記録されたほか、八重山では西表島や波照間島、石垣島などで記録がある。  サカツラガンは、全長8...

長野日報社

小中学生に救命の知識を 伊那中央病院が体験学習

 伊那市の伊那中央病院メディカルシミュレーションセンター(iMSC)は、小中学生が救命処置を学ぶ体験学習「学校PUSHコース」の実施を上伊那地方の小中学校で始めた。同市富県小学校で12日、初めて...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク