全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

在宅ケア 全国大会inとかちが開幕

全国大会の開会式であいさつする蘆野大会長(左)

 医療・福祉関係者や市民が集い、在宅ケアや街づくりを考える「第25回日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大会inとかち」が2日、帯広市内のとかちプラザで始まった。十勝での開催は2012年(帯広)以来7年ぶり。3日との2日間で講演など約30のプログラムが行われ、全国から1000人以上の参加を見込んでいる。

 主催は日本ホスピス・在宅ケア研究会のとかち大会実行委員会。同研究会は在宅ケアの分野で歴史ある学会・研究会で、2017年度の久留米大会(福岡)には全国から医療・福祉、有識者、宗教者ら約2500人が集まった。

 初日は午前10時から開会式が行われ、蘆野吉和大会長(北斗病院医師)が「胆振東部地震の影響で大会規模は縮小したが、魅力的な企画を用意できた」とあいさつ。蘆野氏は続く大会長講演「地域で看取(みと)るまちづくり」で150人以上の参加者を前に、「全国では終末期に焦点を当ててQOD(クオリティ・オブ・デス=死の質)を高める医療や、終末期を迎えた人を支援するまちづくりが考えられている。その動きを十勝や全国で活発化させるための大会にしたい」と述べた。

 3日は柳田邦男氏による市民公開講座「大人が絵本に涙するとき~生きる命の水」(午後2時半・帯広市民文化ホール、無料)などが行われる。

関連記事

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。  十勝...

ミャークフツで思いはせ 歌や踊り、方言話で宮古一色 八重山在宮古郷友会

 第4回ユガイナミャークフツ(愉快な宮古方言)の夕べ(八重山在宮古郷友会主催)が21日夜、石垣市内のホテルで開催され、多くの郷友らが歌や踊り、方言話を通してルーツに思いをはせた。  宮古出身者と...

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りの紅やマ...

田原に親子交流館

 渥美半島の玄関口、渥美線三河田原駅前の新たな交流拠点「LaLaGran(ララグラン)」で22日、親子交流館「すくっと」がオープンした。遊びや活動ができ、子育てに関する公共サービスを提供する場で、田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク