全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

在宅ケア 全国大会inとかちが開幕

全国大会の開会式であいさつする蘆野大会長(左)

 医療・福祉関係者や市民が集い、在宅ケアや街づくりを考える「第25回日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大会inとかち」が2日、帯広市内のとかちプラザで始まった。十勝での開催は2012年(帯広)以来7年ぶり。3日との2日間で講演など約30のプログラムが行われ、全国から1000人以上の参加を見込んでいる。

 主催は日本ホスピス・在宅ケア研究会のとかち大会実行委員会。同研究会は在宅ケアの分野で歴史ある学会・研究会で、2017年度の久留米大会(福岡)には全国から医療・福祉、有識者、宗教者ら約2500人が集まった。

 初日は午前10時から開会式が行われ、蘆野吉和大会長(北斗病院医師)が「胆振東部地震の影響で大会規模は縮小したが、魅力的な企画を用意できた」とあいさつ。蘆野氏は続く大会長講演「地域で看取(みと)るまちづくり」で150人以上の参加者を前に、「全国では終末期に焦点を当ててQOD(クオリティ・オブ・デス=死の質)を高める医療や、終末期を迎えた人を支援するまちづくりが考えられている。その動きを十勝や全国で活発化させるための大会にしたい」と述べた。

 3日は柳田邦男氏による市民公開講座「大人が絵本に涙するとき~生きる命の水」(午後2時半・帯広市民文化ホール、無料)などが行われる。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク