全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

荷物配送サービス始まる 白浜空港

荷物配送サービスを知らせるパネルやのぼりを設置する「南紀白浜エアポート」の社員=白浜町で

 春から南紀白浜空港(和歌山県白浜町)を運営する会社「南紀白浜エアポート」は1日、空港から町内の宿泊施設へ搭乗客の荷物を配送するサービスを始めた。このサービスを利用すれば、観光客は大きな荷物を持たずに観光が楽しめるようになる。

 空港ビル1階到着ロビーの観光案内所で、午前8時半~午後0時半に受付窓口を設ける。羽田(東京)とを結ぶ日本航空の定期便のうち、午前と正午前に到着する2便の搭乗客の利用を想定している。
 料金は、大きさにかかわらず荷物一つにつき、税込みで千円。対象はホテルや旅館、民宿など37カ所で、エアポート社から委託を受けた業者がその日の午後3時~4時ごろに配送する。事前予約は不要。原則として水曜が定休だが、年末年始や祝日は利用できるようにする。
 これまでは、先に宿泊施設へ行って荷物を預けてから観光を始める人も多かった。「配送サービスはあるか」との問い合わせもあったという。
 県が南紀白浜空港を「サイクリストに優しい空港」と認定していることもあり、空港から自転車で出発できるようにする狙いもある。
 エアポート社オペレーションユニット長の池田直隆さんは「ストレスなく移動してもらうための取り組みとして考えた。白浜空港に到着した瞬間から『手ぶら』になれるサービスを出発地側でもPRしていきたい」と話している。今後、空港で荷物の一時預かりサービスができないかも検討しているという。
 エアポート社によると、地方空港が荷物配送サービスを手掛けるのは珍しい。また、南紀白浜空港では1月から顔認証システムの実証実験が始まっており、荷物配送サービスも併せ、白浜での「手ぶらで顔パス」が可能になると同社では期待している。

関連記事

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。  十勝...

ミャークフツで思いはせ 歌や踊り、方言話で宮古一色 八重山在宮古郷友会

 第4回ユガイナミャークフツ(愉快な宮古方言)の夕べ(八重山在宮古郷友会主催)が21日夜、石垣市内のホテルで開催され、多くの郷友らが歌や踊り、方言話を通してルーツに思いをはせた。  宮古出身者と...

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りの紅やマ...

田原に親子交流館

 渥美半島の玄関口、渥美線三河田原駅前の新たな交流拠点「LaLaGran(ララグラン)」で22日、親子交流館「すくっと」がオープンした。遊びや活動ができ、子育てに関する公共サービスを提供する場で、田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク