全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

荷物配送サービス始まる 白浜空港

荷物配送サービスを知らせるパネルやのぼりを設置する「南紀白浜エアポート」の社員=白浜町で

 春から南紀白浜空港(和歌山県白浜町)を運営する会社「南紀白浜エアポート」は1日、空港から町内の宿泊施設へ搭乗客の荷物を配送するサービスを始めた。このサービスを利用すれば、観光客は大きな荷物を持たずに観光が楽しめるようになる。

 空港ビル1階到着ロビーの観光案内所で、午前8時半~午後0時半に受付窓口を設ける。羽田(東京)とを結ぶ日本航空の定期便のうち、午前と正午前に到着する2便の搭乗客の利用を想定している。
 料金は、大きさにかかわらず荷物一つにつき、税込みで千円。対象はホテルや旅館、民宿など37カ所で、エアポート社から委託を受けた業者がその日の午後3時~4時ごろに配送する。事前予約は不要。原則として水曜が定休だが、年末年始や祝日は利用できるようにする。
 これまでは、先に宿泊施設へ行って荷物を預けてから観光を始める人も多かった。「配送サービスはあるか」との問い合わせもあったという。
 県が南紀白浜空港を「サイクリストに優しい空港」と認定していることもあり、空港から自転車で出発できるようにする狙いもある。
 エアポート社オペレーションユニット長の池田直隆さんは「ストレスなく移動してもらうための取り組みとして考えた。白浜空港に到着した瞬間から『手ぶら』になれるサービスを出発地側でもPRしていきたい」と話している。今後、空港で荷物の一時預かりサービスができないかも検討しているという。
 エアポート社によると、地方空港が荷物配送サービスを手掛けるのは珍しい。また、南紀白浜空港では1月から顔認証システムの実証実験が始まっており、荷物配送サービスも併せ、白浜での「手ぶらで顔パス」が可能になると同社では期待している。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク