全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

荷物配送サービス始まる 白浜空港

荷物配送サービスを知らせるパネルやのぼりを設置する「南紀白浜エアポート」の社員=白浜町で

 春から南紀白浜空港(和歌山県白浜町)を運営する会社「南紀白浜エアポート」は1日、空港から町内の宿泊施設へ搭乗客の荷物を配送するサービスを始めた。このサービスを利用すれば、観光客は大きな荷物を持たずに観光が楽しめるようになる。

 空港ビル1階到着ロビーの観光案内所で、午前8時半~午後0時半に受付窓口を設ける。羽田(東京)とを結ぶ日本航空の定期便のうち、午前と正午前に到着する2便の搭乗客の利用を想定している。
 料金は、大きさにかかわらず荷物一つにつき、税込みで千円。対象はホテルや旅館、民宿など37カ所で、エアポート社から委託を受けた業者がその日の午後3時~4時ごろに配送する。事前予約は不要。原則として水曜が定休だが、年末年始や祝日は利用できるようにする。
 これまでは、先に宿泊施設へ行って荷物を預けてから観光を始める人も多かった。「配送サービスはあるか」との問い合わせもあったという。
 県が南紀白浜空港を「サイクリストに優しい空港」と認定していることもあり、空港から自転車で出発できるようにする狙いもある。
 エアポート社オペレーションユニット長の池田直隆さんは「ストレスなく移動してもらうための取り組みとして考えた。白浜空港に到着した瞬間から『手ぶら』になれるサービスを出発地側でもPRしていきたい」と話している。今後、空港で荷物の一時預かりサービスができないかも検討しているという。
 エアポート社によると、地方空港が荷物配送サービスを手掛けるのは珍しい。また、南紀白浜空港では1月から顔認証システムの実証実験が始まっており、荷物配送サービスも併せ、白浜での「手ぶらで顔パス」が可能になると同社では期待している。

関連記事

みかわでたべよう!ご当地グルメラリー

蒲郡、岡崎、西尾の3市で開催  蒲郡、岡崎、西尾の3市の商工会議所などは、各市のご当地グルメを食べて行う「みかわでたべよう!ご当地グルメラリー」を行っている。各市から13店舗ずつ参加し、エリ...

紀伊民報社

田辺市街地巡るクイズラリー

 田辺市街地を巡るクイズラリーが18日、闘雞神社(和歌山県田辺市東陽)を出発点にあった。約100人の子どもや保護者らが、クイズを楽しみながら歴史に触れた。  世界遺産闘雞神社創建千六百年記念事業...

荘内日報社

鶴岡「赤川花火大会」県内外から大勢の観客楽しむ

 第29回赤川花火大会が17日、鶴岡市の赤川河川敷で行われた。全国トップクラスの花火師たちによる約1万2000発の花火が打ち上げられた。今年も県内外から大勢の観客が訪れ、会場は満席となる盛況。カウントダウン...

音更・厚内⇔帯広 「国鉄仕様」で貸し切り列車

 私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(音更町柳町南区12)を運営する穂積規さん(59)が同駅の開業5周年を記念し、25日にJR根室線帯広-厚内(浦幌)間で1往復の貸し切り列車「十勝晴号」を運...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク