全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

今季出現「厳しそう」 諏訪湖の御神渡り

 諏訪湖を覆った氷がせり上がる「御神渡り」の判定と神事を担う八剱神社(諏訪市小和田)の関係者は30日朝、氷の状況を確認した。宮坂清宮司(68)は「今の状況だと(今季の)全面結氷は厳しい」と語り、2季連続の出現は難しいとの認識を示した。今季、諏訪では最高気温が氷点下の真冬日や、出現に必要とされる氷点下10度以下に冷え込む日が今のところない。同神社は2月3日の「節分」まで監視を続け、御神渡りが出現しない「明けの海」かどうかを判定する。

 30日の諏訪の最低気温は平年より1.1度低い氷点下7.9度。観測地点の舟渡川河口(同市豊田)には湖面に薄氷が広がり、ひび割れが目立った所もあった。同地点から双眼鏡で湖面を観察した宮坂宮司は「(諏訪湖の)7割方に薄氷が張っているが、日中の気温上昇や波で砕けてしまうだろう」と話していた。

 今冬は二十四節気の「小寒」の1月6日から監視を始めたが、諏訪の最低気温は10日の氷点下9.5度が最も低かった。薄氷が広がった日もあったが、日中の日差しで溶け、全面結氷した日は一度もなかった。長野地方気象台によると、寒気の流れ込みが弱く、暖かい空気に覆われていたため、平年より気温が高かったという。

 宮坂宮司は「(今季は)気温の変動が大きく、寒さが続かなかった」とし、宮坂平馬大総代(65)は「(御神渡り出現は)厳しそう。早朝の諏訪湖の魅力を楽しみながら、最後まで監視を続けたい」と述べた。

 昨季は御神渡りの出現に地元が湧き、見物の観光客も多かった。諏訪湖温泉旅館組合(諏訪市)は「旅行客も旅館も残念がっている。昨年を超える宿泊数は見込めないが、仕方ない」と話していた。

諏訪湖の水温を計測し記録する宮坂宮司(左)と総代たち=30日午前6時41分、諏訪湖

関連記事

紀伊民報社

好天に漂う梅の香り 南部梅林

 天候に恵まれた3連休中日の10日、和歌山県みなべ町晩稲の南部梅林は多くの家族連れらでにぎわった。花は五分咲きで、ばらつきがあるが、満開に近い木もある。次の週末に見頃を迎えそうだ。  世界農業遺...

奄美の黒糖焼酎も好評 東京で「かごしま食の大交流会」

 鹿児島県の特産品と観光の魅力をアピールする「かごしま食の大交流会inTOKYО」が1月31日、東京都内のホテルであった。日本一の評価を受けた鹿児島黒牛とともに、2020年の世界自然遺産登録を目指...

突き出すキノコ氷 上士幌の糠平湖

 氷を載せた切り株が並ぶ、上士幌町糠平湖の冬の風物詩「キノコ氷」が今年もお目見えした。厳しい自然環境が生み出す氷の造形が、釣り人や観光客らの目を楽しませている。  糠平湖は1955年、原生林を...

極寒の輝き 豊頃ジュエリーアイス

 大津海岸に真冬に打ち上がる氷塊「ジュエリーアイス」が今季もお目見えし、大勢の観光客の目を楽しませている。  今季は暖冬傾向などで氷塊を目にするのは難しい状況が続いていた。関係者によると29日...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク