全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

今季出現「厳しそう」 諏訪湖の御神渡り

 諏訪湖を覆った氷がせり上がる「御神渡り」の判定と神事を担う八剱神社(諏訪市小和田)の関係者は30日朝、氷の状況を確認した。宮坂清宮司(68)は「今の状況だと(今季の)全面結氷は厳しい」と語り、2季連続の出現は難しいとの認識を示した。今季、諏訪では最高気温が氷点下の真冬日や、出現に必要とされる氷点下10度以下に冷え込む日が今のところない。同神社は2月3日の「節分」まで監視を続け、御神渡りが出現しない「明けの海」かどうかを判定する。

 30日の諏訪の最低気温は平年より1.1度低い氷点下7.9度。観測地点の舟渡川河口(同市豊田)には湖面に薄氷が広がり、ひび割れが目立った所もあった。同地点から双眼鏡で湖面を観察した宮坂宮司は「(諏訪湖の)7割方に薄氷が張っているが、日中の気温上昇や波で砕けてしまうだろう」と話していた。

 今冬は二十四節気の「小寒」の1月6日から監視を始めたが、諏訪の最低気温は10日の氷点下9.5度が最も低かった。薄氷が広がった日もあったが、日中の日差しで溶け、全面結氷した日は一度もなかった。長野地方気象台によると、寒気の流れ込みが弱く、暖かい空気に覆われていたため、平年より気温が高かったという。

 宮坂宮司は「(今季は)気温の変動が大きく、寒さが続かなかった」とし、宮坂平馬大総代(65)は「(御神渡り出現は)厳しそう。早朝の諏訪湖の魅力を楽しみながら、最後まで監視を続けたい」と述べた。

 昨季は御神渡りの出現に地元が湧き、見物の観光客も多かった。諏訪湖温泉旅館組合(諏訪市)は「旅行客も旅館も残念がっている。昨年を超える宿泊数は見込めないが、仕方ない」と話していた。

諏訪湖の水温を計測し記録する宮坂宮司(左)と総代たち=30日午前6時41分、諏訪湖

関連記事

ひまわり迷路 笑顔咲く 本別

 「十勝ほんべつ ひまわり迷路2019」(実行委、前田農産食品主催)が20日、本別町弥生町のほ場で開幕した。大勢の親子連れらが訪れ、総延長約2キロの巨大迷路に歓声を響かせた。28日まで。  ...

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク