全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新城で中学生議会

 新城市立の全6中学校の生徒代表が議員となって市に質問や提案する2018(平成30)年度中学生議会が30日、市議会議場で開かれた。各校の2年生29人が議席に座り、穂積亮次市長や和田守功教育長らに市営バスの運営改善策を提案したり、街路灯増設などについてただした。  千郷中からは市営バス(Sバス)の運営について提案。学区住民らにアンケートを行って回答した251人中18人が利用したことがあることや、回答者からは「近くへの利用で基本乗車料金200円では高い」の声があったことを報告。「利用者を増やすのにバス停をスーパーやドラッグストアの近くに設けてみたらどうですか」と提案した。  穂積市長は「乗車料金はだれがどこまで負担するのかも含めて検討しなければならない。バス停の設置は安全面を含めて考えていく必要がある」と答えた。  東郷中は通学路の街路灯増設について質問した。穂積市長は「地域安全灯として各地域と市で負担して設置している。住民に伝えて情報を共有しながら行っている」と説明。片瀬雅好総務部理事は「設置に向けては生徒たちの意見も聴いていきたい」と答えた。  このほか作手中は道の駅手作り村、新城中は学校のエアコン設置、鳳来中はデジタル教科書、八名中は市の魅力発信について質問や提案をした。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク