全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「たなべ未来創造塾」に注目高まる

地元金融機関との意見交換会で、融資のポイントを聞くたなべ未来創造塾の塾生ら(田辺市東陽で)

 和歌山県田辺市の「たなべ未来創造塾」に、視察や交流会の依頼が相次いでいる。地域課題の解決をビジネスの視点で考える人材育成を目指した塾で、現在3期目。2期24人の修了生のうち、約7割が起業や新商品開発など新たな取り組みを実践。塾生同士や他の若手事業者との連携も生まれ、注目度が高まっている。

 26日には、中小企業の若手後継者らを対象にした県の人材育成事業「わかやま塾」の修了生5人が、市文化交流センター「たなべる」(田辺市東陽)であった「未来塾」の講義を視察。講義後に未来塾の3期生、修了生と交流した。
 「わかやま塾」4期修了生で印刷会社社長の清水雅司さん(50)=和歌山市=は「未来塾は職域にとらわれず、地域課題に向き合っている」と刺激を受けた様子。「地域内で人と人の関係が密なのはうらやましい」と話した。
 23日には「たなべる」で、「未来塾」と地元金融機関との意見交換会があった。金融機関側は紀陽銀行、きのくに信用金庫、日本政策金融公庫の融資担当者が出席。塾生から融資のポイントについて質問があり「動機が非常に重要。事業を通じてどんなことをしたいのか。そのための準備をどうしているかを見ている」などと答えた。
 意見交換会を呼び掛けた近畿財務局和歌山財務事務所の花田一夫所長は「雇用や地域活性化につながる起業支援に力を入れている。起業家に聞き取りすると、資金調達や人材確保で苦労している。これまで培ってきたネットワークで支えたい」と話した。
 1月はほかにも、市が東京で開講している関係人口養成講座の受講生が、塾生の活動現場を訪問して交流。昨年10月には海南市役所の職員が「塾」を視察した。2月9日の3期修了式には富山県魚津市から人材育成事業「魚津三太郎塾」の塾生が視察に訪れるという。

関連記事

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。  十勝...

ミャークフツで思いはせ 歌や踊り、方言話で宮古一色 八重山在宮古郷友会

 第4回ユガイナミャークフツ(愉快な宮古方言)の夕べ(八重山在宮古郷友会主催)が21日夜、石垣市内のホテルで開催され、多くの郷友らが歌や踊り、方言話を通してルーツに思いをはせた。  宮古出身者と...

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りの紅やマ...

田原に親子交流館

 渥美半島の玄関口、渥美線三河田原駅前の新たな交流拠点「LaLaGran(ララグラン)」で22日、親子交流館「すくっと」がオープンした。遊びや活動ができ、子育てに関する公共サービスを提供する場で、田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク