全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「たなべ未来創造塾」に注目高まる

地元金融機関との意見交換会で、融資のポイントを聞くたなべ未来創造塾の塾生ら(田辺市東陽で)

 和歌山県田辺市の「たなべ未来創造塾」に、視察や交流会の依頼が相次いでいる。地域課題の解決をビジネスの視点で考える人材育成を目指した塾で、現在3期目。2期24人の修了生のうち、約7割が起業や新商品開発など新たな取り組みを実践。塾生同士や他の若手事業者との連携も生まれ、注目度が高まっている。

 26日には、中小企業の若手後継者らを対象にした県の人材育成事業「わかやま塾」の修了生5人が、市文化交流センター「たなべる」(田辺市東陽)であった「未来塾」の講義を視察。講義後に未来塾の3期生、修了生と交流した。
 「わかやま塾」4期修了生で印刷会社社長の清水雅司さん(50)=和歌山市=は「未来塾は職域にとらわれず、地域課題に向き合っている」と刺激を受けた様子。「地域内で人と人の関係が密なのはうらやましい」と話した。
 23日には「たなべる」で、「未来塾」と地元金融機関との意見交換会があった。金融機関側は紀陽銀行、きのくに信用金庫、日本政策金融公庫の融資担当者が出席。塾生から融資のポイントについて質問があり「動機が非常に重要。事業を通じてどんなことをしたいのか。そのための準備をどうしているかを見ている」などと答えた。
 意見交換会を呼び掛けた近畿財務局和歌山財務事務所の花田一夫所長は「雇用や地域活性化につながる起業支援に力を入れている。起業家に聞き取りすると、資金調達や人材確保で苦労している。これまで培ってきたネットワークで支えたい」と話した。
 1月はほかにも、市が東京で開講している関係人口養成講座の受講生が、塾生の活動現場を訪問して交流。昨年10月には海南市役所の職員が「塾」を視察した。2月9日の3期修了式には富山県魚津市から人材育成事業「魚津三太郎塾」の塾生が視察に訪れるという。

関連記事

豊橋市民病院の手術センター棟が完成

 豊橋市民病院で21日、手術センター棟の完工式が開かれた。外科手術とカテーテル治療が同時にできる「ハイブリッド手術室」と、内視鏡手術室の計3室を増設、より高度で安全な医療ができるようになった。緊急手...

紀伊民報社

「木」主題に本を展示 「木育キャラバン」にちなみ

 和歌山県田辺市新庄町のビッグ・ユー内にある県立紀南図書館は館内入り口近くで、「木」を主題に自然に関する本を集めた展示をしている。23、24日にビッグ・ユーで開かれる催し「木育キャラバン」(実行...

荘内日報社

荘内病院へ医師派遣支援

 山形大医学部や関連病院会、県医師会などで構成する蔵王協議会(会長・嘉山孝正山形大医学部参与)は20日、鶴岡市立荘内病院(三科武院長)の要望に応え、同病院の呼吸器内科、循環器内科の2科へ医師を派遣する...

宇部日報社

米の高校生4人、小野田工高で柔道交流

 米国ワシントン州ケント市の高校生4人が、18~20日の日程で山陽小野田市の小野田工高を訪れ、授業や柔道練習で交流を深めた。生徒たちは再会を誓い合っていた。  全国高等学校体育連盟柔道専門部が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク