全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

ブラジルから日系の青年ら来県

座禅体験をする日系ブラジル人ら(常栄寺で)

 日系3、4世ら県とゆかりのあるブラジル人の青年10人が28日に来県し、山口市宮野下の常栄寺(今井宏泉住職)で座禅を体験するなど、歴史・文化に触れながらルーツ探しの旅を楽しんでいる。  いずれもブラジル山口県人会がサンパウロで開いた「山口県歴史・文化講座」の修了生で、県が総務省の委託事業として初めて受け入れた。期間は2月3日までの1週間。山口、萩、下関、岩国市などを視察し、ホームステイも体験する。  29日は、県庁での村岡嗣政知事への表敬訪問や県庁近くにある国宝の瑠璃光寺五重塔(香山町)の見学後、常栄寺を訪問。禅堂で座を組み、緊張した面持ちで静かに自分自身と向き合った。今井住職から全員が警策で背中をたたいてもらい、すがすがしい表情で禅体験を終えた。国指定史跡・名勝の雪舟庭の見える本堂で、寺の歴史などを聞きながら、禅とゆかりが深い抹茶の接待も受けた。  祖父が柳井出身という大学院生は「4年前にも来日しているが、山口県を訪れたのは初めて。いろんな文化が混在しており、自然が美しい」と話した。今回の視察にも組み込まれている長門市の元乃隅神社はブラジルでも有名で、「自分の目で見られるなんて幸せ」と楽しみにしていた。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク