全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「落ちそうで落ちない」合格祈願の大石 富士見町神代区

「落ちそうで落ちない」合格祈願の天神大石

 富士見町神代区の天神様をまつる大岩が、合格祈願の石として地域で話題になっている。高さ6メートル近い巨石が山斜面にそびえ、「今にも転げ落ちそうで落ちない」(住民)絶妙なバランスを保って約400年。地域の守り石として住民の信仰を集めてきた。地元の受験生や競技大会への出場選手が参拝して好成績に恵まれたご利益の”実績”もあり、住民たちは「霊験あらたか」と参拝客を歓迎している。

 同区の歴史は鎌倉時代、神代坊という名の僧侶が住み着いたことに始まり、大岩は集落の歴史以前からそこにあると伝わる。八ケ岳の噴火による石ではないかと考えられている。三角錐の鋭角が地面に刺さっているような形で、真横からみる姿はだるまのよう。岩をご神体の一つと仰ぐようにして天狗社の社殿、天神のほこらと石碑が建ち、社殿との隙間は幅5センチもない。

 集落を見下ろす位置にあるため、住民たちは「『落ちてきたらひとたまりもない』と毎日ドキドキしながらも、岩に守られている気持ちで暮らしている」(森山好一区長)という。

 東日本大震災では同区も大きな揺れがあり、住民は肝を冷やしたが岩は微動だにせず。これを機に信仰心を強め、岩の周囲を整備。区内の長老が学問の神・天神様にちなんで「天神大石」と名付け、PRも始めた。

 森山区長は「区民総出で整備に汗し、大切に守っている。ぜひお参りにきて」と話し、全13世帯の小さな集落に活気も呼び込めたら-と期待を込めている。

関連記事

長野日報社

出征兵の日章旗 駒ケ根に74年ぶり帰郷

 長野県駒ケ根市出身で、太平洋戦争中に中国で戦死した櫛田正一さん=享年36歳=が身に着けていた日章旗が、74年ぶりに同市下平に住む長女の正子さん(80)に返還された。22日に市役所でセレモニー...

鈴鹿8耐レース出場を報告

豊橋市長を表敬訪問  オートバイレースの真夏の祭典「鈴鹿8耐久ロードレース」(28日)に、豊橋市の4輪・2輪車の部品メーカー武蔵精密工業がスポンサーを務めるレーシングチーム「ムサシRTハルク...

荘内日報社

鶴岡・5商店街連携 ツナガル夏まつり

 鶴岡市の中心市街地の5つの商店街が連携した「商店街連携ツナガル夏まつり」が20日夜、連続する山王、銀座、南銀座の3つの通りの約1・2㌔区間を歩行者天国にして行われた。さまざまな飲食の販売や多彩なイベン...

紀伊民報社

メッセージ花火とキャンドル 白良浜の夜彩る

 和歌山県白浜町の白良浜で20日夜、夏恒例のイベント「キャンドルイルミネーション」と「メッセージ花火」があった。ろうそくを立てた紙袋が砂浜に並ぶ中、大切な人への思いが込められたメッセージとともに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク