全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

徳之島、移住者集い情報交換 地元住民と双方向交流へ

徳之島と本土との違いなどについて語り合った移住者交流会=26日、徳之島町亀津

 鹿児島県徳之島への移住者を対象とした懇親会が26日、徳之島町の一般社団法人結いの島徳之島支部であった。移住2カ月~10年の10人が参加。徳之島で生活する上での不安や移住して感じた本土との違いなどについて語り合い、交流を深めた。

 懇親会の発案者は、2016年12月に同町に移住した東京都板橋区出身の中村美智留さん(32)。自身が移住した際、先輩移住者から支援を受けたことから、移住者が集う場所づくりをして人と人がつながるきっかけを提供しようと企画した。

 配偶者の介護や転勤、永住の地を求めて移住した人など境遇はさまざま。交流会では「島民はどこの出身かなど、地縁を重んじる」「同じ境遇の30代独身女性が少なく、友達ができにくい」「島に知り合いがいないので、家探しが大変だった」などの意見が出た。

 世界自然遺産登録を目指す一方、島内各地で散見されるポイ捨てなどごみ問題にも話題は及んだ。罰則規定を設けた条例など具体的な提案もあった。

 中村さんは「移住者と地元住民が互いの違いを受け入れ、島を発展させていくためには、双方向の交流が必要。今後2カ月に1回程度、交流会を開催したい。移住者交流を行っていく中で、ゆくゆくは移住者と島民、移住を考えている人々をつなぐようなネットワークが生まれていけば」と話した。

関連記事

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。  十勝...

ミャークフツで思いはせ 歌や踊り、方言話で宮古一色 八重山在宮古郷友会

 第4回ユガイナミャークフツ(愉快な宮古方言)の夕べ(八重山在宮古郷友会主催)が21日夜、石垣市内のホテルで開催され、多くの郷友らが歌や踊り、方言話を通してルーツに思いをはせた。  宮古出身者と...

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りの紅やマ...

田原に親子交流館

 渥美半島の玄関口、渥美線三河田原駅前の新たな交流拠点「LaLaGran(ララグラン)」で22日、親子交流館「すくっと」がオープンした。遊びや活動ができ、子育てに関する公共サービスを提供する場で、田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク