全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

売れ残り減らそう 節分の恵方巻き

恵方巻きの予約を呼び掛けるチラシが並ぶ特設コーナー(28日、田辺市稲成町で)

 2月3日は節分。近年、全国的に恵方巻きを食べる習慣が定着する中、売れ残った商品が大量に廃棄されることも多く、農林水産省は流通業界に注意を促している。和歌山県田辺市内のスーパーマーケットでも販売に力を入れる一方、売れ残らないように対策を練っているという。
 県内を中心に約160店舗を展開しているオークワは、需要に見合った販売をするために、予約販売に力を入れている。30日まで受け付け、2月の2、3日に各店舗で渡す。
 田辺市稲成町のオークワパビリオンシティ田辺店では、予約のチラシを並べた特設コーナーを用意したり、のぼりを設置したりして予約を呼び掛けている。
 店頭では2、3日、35~40種類の恵方巻きを販売する。毎年の売り上げから製造本数を決め、足りなくなったら追加で調理している。
 定番の太巻きや田舎巻きが1番人気だが、ローストビーフやカルビ焼きなどを巻いた和風以外の変わり種が年々売れてきているという。ハーフサイズのセットも売れ筋。
 竹本勝敏店長は「好みが多様化していて、食べやすさが重視されている。いろいろな味を食べたいという人が多いのでは」と話している。
 田辺市下万呂のAコープ紀南クックガーデンでも、毎年の売り上げ状況を分析し、製造本数を決めている。足りない分は当日の売れ行きを見ながら作り、廃棄が出ないように気を付けるという。
 恵方巻きは年々売り上げが伸びている商品。今年は節分が日曜でもあり、例年よりも多い6千本程度の売り上げを見込んでいる。
 2、3日に約30種類を販売する。新商品は女性や子ども向けの「エビアボカド巻き」。売れ筋は定番の太巻きや田舎巻きで、海鮮系も人気が高い。いろいろな味を楽しめるセットもよく売れるという。
 玉置浩之店長(47)は「恵方巻きの販売が途切れると、補充するまでに時間がかかるのが難しいところ。作り過ぎる場合もあるので、売り上げ本数をしっかりと予測することで気を付けたい」と話している。

関連記事

みかわでたべよう!ご当地グルメラリー

蒲郡、岡崎、西尾の3市で開催  蒲郡、岡崎、西尾の3市の商工会議所などは、各市のご当地グルメを食べて行う「みかわでたべよう!ご当地グルメラリー」を行っている。各市から13店舗ずつ参加し、エリ...

紀伊民報社

田辺市街地巡るクイズラリー

 田辺市街地を巡るクイズラリーが18日、闘雞神社(和歌山県田辺市東陽)を出発点にあった。約100人の子どもや保護者らが、クイズを楽しみながら歴史に触れた。  世界遺産闘雞神社創建千六百年記念事業...

荘内日報社

鶴岡「赤川花火大会」県内外から大勢の観客楽しむ

 第29回赤川花火大会が17日、鶴岡市の赤川河川敷で行われた。全国トップクラスの花火師たちによる約1万2000発の花火が打ち上げられた。今年も県内外から大勢の観客が訪れ、会場は満席となる盛況。カウントダウン...

音更・厚内⇔帯広 「国鉄仕様」で貸し切り列車

 私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(音更町柳町南区12)を運営する穂積規さん(59)が同駅の開業5周年を記念し、25日にJR根室線帯広-厚内(浦幌)間で1往復の貸し切り列車「十勝晴号」を運...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク