全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝らしいパン開発 農協青年部協と帯広畜大サークル

試作したパンを手にするメンバー(前列右から赤坂さん、有塚さん、吉田さん、杉山勝彦専務、2列目中央が手島会長)

 十勝地区農協青年部協議会(寺島達記会長)と帯広畜産大学のサークル「あぐりとかち」(臼井沙綺代表)は共同で、地場食材を活用した5種類のオリジナルパンのレシピを開発した。レシピに基づく創作パンは2月4日から順次、満寿屋商店・麦音店(帯広市内稲田町)で「JAユースフェア」と銘打ち、数量・期間限定で販売される。

 同協議会とあぐりとかちは2014年から連携し、十勝の農畜産物のPRを目的に共同事業を続けている。一昨年と昨年は帯広市の給食レシピを提案した。

 今年度は地場の小麦を積極的に活用する満寿屋商店に、生産者の視点で新たな商品を提案したいと依頼し、協力を取り付けた。2班に分かれて昨春からレシピを考案、満寿屋商店も加わって試作を繰り返した。

 販売されるのは、「とかちのあまみ・洋」(120円、販売期間・2月4~17日)、「チリコンカンのパンツェロッティ」(280円、同・2月18日~3月3日)、「とかちのあまみ・和」(同・3月4~17日)、「ごろっと野菜のカレーピタパン」(同・3月18日~4月7日)、「十勝野彩ピタパン」(同・4月8~21日)。

 とかちのあまみは、コッペパンに「和」がホイップやあん、「洋」はイチゴなどを挟んだ。チリコンカンは道内のミックスビーンズやチーズを使用。「十勝野彩ピタパン」はジャガイモなどの野菜と豚肉をドレッシングであえている。

 いずれも数量限定(3品目以降の価格は順次公表)。満寿屋商店の赤坂玲見奈さんは「レシピはほぼそのまま使用している。完成度が高い」とする。

 プロジェクトリーダーの吉田明史副会長(更別)と有塚利一理事(帯広)は「生産者が考えたレシピをぜひ味わってほしい」と話している。詳細は麦音店(0155・67・4659)へ。

関連記事

長野日報社

出征兵の日章旗 駒ケ根に74年ぶり帰郷

 長野県駒ケ根市出身で、太平洋戦争中に中国で戦死した櫛田正一さん=享年36歳=が身に着けていた日章旗が、74年ぶりに同市下平に住む長女の正子さん(80)に返還された。22日に市役所でセレモニー...

鈴鹿8耐レース出場を報告

豊橋市長を表敬訪問  オートバイレースの真夏の祭典「鈴鹿8耐久ロードレース」(28日)に、豊橋市の4輪・2輪車の部品メーカー武蔵精密工業がスポンサーを務めるレーシングチーム「ムサシRTハルク...

荘内日報社

鶴岡・5商店街連携 ツナガル夏まつり

 鶴岡市の中心市街地の5つの商店街が連携した「商店街連携ツナガル夏まつり」が20日夜、連続する山王、銀座、南銀座の3つの通りの約1・2㌔区間を歩行者天国にして行われた。さまざまな飲食の販売や多彩なイベン...

紀伊民報社

メッセージ花火とキャンドル 白良浜の夜彩る

 和歌山県白浜町の白良浜で20日夜、夏恒例のイベント「キャンドルイルミネーション」と「メッセージ花火」があった。ろうそくを立てた紙袋が砂浜に並ぶ中、大切な人への思いが込められたメッセージとともに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク