全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

東海大の湯澤選手 駒ケ根市長に箱根駅伝優勝を報告

出場した箱根駅伝を振り返る東海大の湯澤舜さん

 2、3日の第95回東京箱根間往復大学駅伝競走で第2区を力走し、チームの総合優勝に貢献した駒ケ根市出身の東海大学4年生湯澤舜さん(22)が28日、同市役所に杉本幸治市長を訪ね、駅伝の抱負や今後の目標を伝えた。湯澤さんは「駅伝で応援していただいた皆さんに感謝したい。今後は実業団でマラソンに励みたい」と笑みを浮かべた。

 箱根駅伝初出場の湯澤さんは、最長区間となる2区(鶴見―戸塚間、23.1キロ)を任された。1時間8分5秒のタイムで走り、東海大の順位を6位から5位に上げた。往路2位に付けた東海大は最終的に10時間52分9秒で初の総合優勝に輝いた。

 湯澤さんは「調子が良かった昨年、代表に選ばれなかった悔しさを今年のレースにぶつけた。自分は前を行く選手との差を最低限に抑える走りを意識した」と回想。「(復路1位でスタートした)東洋大学との差が縮まった7区で優勝を意識した。優勝は素直にうれしかった」と話した。

 卒業後は実業団のあるSGホールディングス(佐川急便グループ)に入社し、マラソン選手を目指す計画。3月3日の東京マラソン2019に出場する意向で「初めてのフルマラソン出場。スタート位置が後方なので記録は期待できないかもしれないが、2時間15分台を目指せば次につながると思う」と話した。

 杉本市長は「レースはテレビで見たが、湯澤君の走りは大勢に感動を与えたと思う。今後は五輪の代表選手を目指してほしい」と期待した。

 湯澤さんは同市市場割出身。長距離走に励んだ姉の影響を受けて同市赤穂南小1年の時に走り始め、同市東中、東海大三高を経て東海大へ進学。中学、高校、大学の全てで長距離走の全国大会に出場している。

関連記事

JR日高線、鵡川―様似間廃止へ 沿線7町が会合、多数決でバス転換を容認

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)をめぐり、日高管内の7町は12日、新ひだか町で会合を開き、バス転換に向けてJR北と個別協議に入ることを決めた。これま...

ブラインドサッカー 十勝初チーム誕生

 十勝管内の医療・福祉関係者がブラインドサッカーチーム「とかちflow(フロー)」を立ち上げた。道内では2例目で、2020年に日本ブラインドサッカー協会主催の北日本リーグへの参入を目指す。視覚障害...

宇部日報社

女性への暴力根絶を 石炭記念館展望台、26日まで紫色にライトアップ【宇部】

 女性への暴力の根絶を呼び掛けようと、宇部市石炭記念館の展望台が、啓発活動の象徴「パープルリボン」にちなんで紫色にライトアップされている。26日まで。  国が定める「女性に対する暴力をなくす運動...

珍鳥サカツラガン飛来 石垣島では数年ぶり 市内田んぼで3羽確認

 珍しい迷鳥サカツラガン3羽が11日、石垣市内の田んぼで確認された。県内では1983年に沖縄本島で初記録されたほか、八重山では西表島や波照間島、石垣島などで記録がある。  サカツラガンは、全長8...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク