全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

トルコの民族衣装を寄贈 駐日大使

寄贈されたトルコの民族衣装を着用した児童(16日、串本町須江の大島小学校で)

 駐日トルコ大使館のハサン・ムラット・メルジャン特命全権大使から、和歌山県串本町須江の大島小学校(山本隆介校長、35人)へトルコの民族衣装40着が寄贈された。16日、メルジャン大使へのお礼の手紙に添える写真撮影のため、同校体育館で全校児童が民族衣装に袖を通し「かっこいい」「きれい」などと喜んだ。  昨年11月17日に着任したメルジャン大使が12月4、5日、串本町を訪問。同校児童がトルコ軍艦エルトゥールル号遭難慰霊碑を定期的に清掃していることへ感謝の気持ちを伝えるため、同校を訪れた。その際に「何か協力できることはないか」と申し出ていた。  山本校長が、同校では運動会などで児童がトルコの踊りを披露することがあるが、見よう見まねの手作りの衣装を使っているので、民族衣装をもらえたらうれしいと要望。町総務課所属の地域おこし協力隊で、トルコ人のアイシェギュル・アルカンさん(27)を通じて伝えられた。  民族衣装は、特注で作られた。地方によって衣装のデザインが違い、数種類示された候補の中から、同校教員が着やすさや見た目からマルマラ地方の民族衣装を選んだ。男児用と女児用それぞれ20着ずつが今月10日に町役場へ届いた。  この日、全校児童が真新しい衣装に着替え、体育館に集合。色は男子は青、女子は白と赤が中心となっており、赤いバンダナを男子は帽子の上に、女子は赤いスカーフを直接頭に巻き、靴も履いた。整列して集合写真を撮影し、保護者も写真を撮った。訪れたアルカンさんらに民族舞踊「ダーマット・ハライ」も披露した。  児童会長で6年生の中西基樹君(12)は「立派な物をもらえてうれしい。格好いい」、同会副会長で6年生の伊勢谷連さん(12)も「動きやすいし、トルコっぽくていい。大使にありがとうと伝えたい」と笑顔を見せた。  山本校長は「本物のトルコの民族衣装を自分たちでそろえるのは難しいので、非常にありがたい。大事にしていきたい」と話した。  9月の運動会や11月の学習発表会で民族衣装を着て踊ることを計画しているほか、大使の都合がつけば見に来てもらいたいという。

関連記事

38年間の植物研究

瀧崎さんが「~東三河~野の花たちの歳時記」出版  豊橋市立東部中学校教諭、瀧崎吉伸さん(61)が、38年余にわたる植物研究の成果を分かりやすくまとめた「~東三河~野の花たちの歳時記(ダイアリー...

紀伊民報社

飲酒運転を取り締まり 夏の交通安全運動

 わかやま夏の交通安全運動が11日、始まった。20日までの期間中、飲酒運転の根絶や横断歩道での歩行者優先などを重点に、県内各地で啓発活動が実施される。田辺署は運動に先立ち、飲酒運転の撲滅に向けて...

荘内日報社

鶴工高創立100周年記念 シルクプロジェクト 前身・染織学校に思い馳せ歴史と..

 鶴岡市の鶴岡工業高校(百瀨克浩校長)で10日、「鶴工シルクプロジェクト」のキックオフイベントが行われた。創立100周年を記念し、山形大国際事業化研究センター(小野寺忠司センター長)と連携した起業家育成...

釧路新聞社

羅臼高校、5年ぶり勝利を【羅臼】

   2020年度夏季北海道高校野球大会釧根支部大会(17日、釧路市民球場)に羅臼高校が秋季に続き単独で出場する。夏季大会出場は5年ぶり。昨年の秋季大会では初戦で釧工業に1ー11と大敗したが、今回...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク