全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

トルコの民族衣装を寄贈 駐日大使

寄贈されたトルコの民族衣装を着用した児童(16日、串本町須江の大島小学校で)

 駐日トルコ大使館のハサン・ムラット・メルジャン特命全権大使から、和歌山県串本町須江の大島小学校(山本隆介校長、35人)へトルコの民族衣装40着が寄贈された。16日、メルジャン大使へのお礼の手紙に添える写真撮影のため、同校体育館で全校児童が民族衣装に袖を通し「かっこいい」「きれい」などと喜んだ。  昨年11月17日に着任したメルジャン大使が12月4、5日、串本町を訪問。同校児童がトルコ軍艦エルトゥールル号遭難慰霊碑を定期的に清掃していることへ感謝の気持ちを伝えるため、同校を訪れた。その際に「何か協力できることはないか」と申し出ていた。  山本校長が、同校では運動会などで児童がトルコの踊りを披露することがあるが、見よう見まねの手作りの衣装を使っているので、民族衣装をもらえたらうれしいと要望。町総務課所属の地域おこし協力隊で、トルコ人のアイシェギュル・アルカンさん(27)を通じて伝えられた。  民族衣装は、特注で作られた。地方によって衣装のデザインが違い、数種類示された候補の中から、同校教員が着やすさや見た目からマルマラ地方の民族衣装を選んだ。男児用と女児用それぞれ20着ずつが今月10日に町役場へ届いた。  この日、全校児童が真新しい衣装に着替え、体育館に集合。色は男子は青、女子は白と赤が中心となっており、赤いバンダナを男子は帽子の上に、女子は赤いスカーフを直接頭に巻き、靴も履いた。整列して集合写真を撮影し、保護者も写真を撮った。訪れたアルカンさんらに民族舞踊「ダーマット・ハライ」も披露した。  児童会長で6年生の中西基樹君(12)は「立派な物をもらえてうれしい。格好いい」、同会副会長で6年生の伊勢谷連さん(12)も「動きやすいし、トルコっぽくていい。大使にありがとうと伝えたい」と笑顔を見せた。  山本校長は「本物のトルコの民族衣装を自分たちでそろえるのは難しいので、非常にありがたい。大事にしていきたい」と話した。  9月の運動会や11月の学習発表会で民族衣装を着て踊ることを計画しているほか、大使の都合がつけば見に来てもらいたいという。

関連記事

長野日報社

壁に花を ハンギングバスケットづくり講習会

 長野県伊那市の伊那まちバラ咲く街角連絡協議会は19日、バラ以外の草花で壁掛け式の「ハンギングバスケット」をつくる講習会を同市荒井のセントラルパークで開いた。市内の生花店「サンスイ」から講師を...

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク