全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

最後の「寒梅忌」ファン400人

 鶴岡市出身の作家・藤沢周平さん(1927―97年)の人柄や作品をしのぶ「寒梅忌」が27日、市中央公民館で開かれた。命日(1月26日)に合わせた開催は20回目の今回が最後という節目に、400人余りのファンらが足を運び、特別に企画された赤いバラの献花や、過去20年の歩みを振り返る対談、作品の朗読に耳を傾けた。

 一般公開の顕彰事業として、鶴岡藤沢周平文学愛好会(萬年慶一代表)が2000年から毎年、藤沢さんの命日直近の日曜日に開催してきた。今後開催時期を見直すとして20回目の今回がいったんの区切り。

 この日は県内外からファンが駆け付けた。赤いバラの献花では、会場入り口に設けられた祭壇に来場者全員が花を手向け、遺影に手を合わせた。開会後は「寒梅忌20年の歩み」と題して、同愛好会の松田静子顧問、萬年代表、菅原謙吾初代事務局長の3人が対談。寒梅忌開催のきっかけに始まり、多くの協力者や過去の出演者にまつわる逸話も紹介した。

 その後の記念講演と朗読では、元NHKエグゼクティブアナウンサーで京都造形大教授の松平定知さんが登壇。講演では、「100回近く読んでいるが毎回泣いてしまう」という「橋ものがたり」の5年後の再会のシーンを例に出しながら、朗読論や技法についても紹介。「蝉しぐれ」の最終章を朗読した。

 萬年代表は「今回も多くの方が足を運んでくれて感謝。藤沢文学が人々の間に深く根付くとともに、全国でファンクラブが生まれるなど広がりを見せている。寒梅忌は今回の節目をもって終止符を打ち、代わる新たな催しを温暖な時期に開催していきたい」と話した。

記念講演と朗読で登壇した松平さん。第15回でも講演しており、今回の節目にも駆け付けた(上)藤沢さんが好んだという赤いバラを来場者全員が献花していった(中)藤沢周平文学愛好会のメンバーが寒梅忌20年の思い出を語った(下)

関連記事

紀伊民報社

避難所でもコロナ感染防止策を

 和歌山県は、災害時の避難所の在り方について、新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた対応の流れ「避難所運営チャート」を示した。避難者ごとの間隔を確保したり、感染者が出れば適切に隔離したりする内容...

荘内日報社

庄内スマートテロワール活動推進― 庄農高生、ラーメン・パン店オーナーら収穫..

 庄内産の小麦が3日、鶴岡市羽黒地域の麦畑で刈り取られた。地産地消を目指す「庄内スマートテロワール」の活動を進める山形大農学部の呼び掛けに応じるように庄内農業高の教師・生徒、酒田のラーメン店、鶴岡の...

宇部日報社

常盤公園にハートの形の切り口のヤマザクラ

 宇部市の常盤公園「あじさい苑」に、ハート形の枝の切り口が潜んでいる。見つけた来場者からは「恋がかなうかも」「幸せになれるかも」と評判になっている。    約160センチの高さにあり、切り口は縦...

水素充填車 公開 動物園にも配達 鹿追実証事業

 鹿追町を拠点に行われている水素普及に向けた実証事業で、今年度導入する「簡易型水素充填(じゅうてん)車」が3日、町環境保全センターで公開された。9月から運用開始し、燃料電池(FC)フォークリフトや...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク