全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

芽室出身矢後、新入幕9勝 「ひと安心」父・浩史さん

会場で矢後関(中央)を激励した父浩史さん(左)と母正子さん

 27日に千秋楽を迎えた大相撲初場所を、9勝6敗の好成績で締めくくった芽室町出身の矢後関。27日夜には所属する尾車部屋の初場所終了のパーティーが都内で開かれ、矢後関の両親も芽室から駆け付け、新入幕を見事な勝ち越しで飾った息子の活躍を祝った。

 場所が開かれた両国国技館に近い第一ホテル両国で開かれたパーティーには、関係者約160人が参加。  尾車親方(元大関琴風)は、乾杯のあいさつの中で、矢後関について「矢後は新入幕でよく9番(勝った)。いろんな意味できついところを、最後まで崩れず、よく9番持ちこたえたと思う」と評価。十両4枚目で勝ち越した、同部屋の友風関を引き合いに「矢後と友風、2人でもっと稽古して、横綱・大関を目指してもらいたい」と激励した。

 会場で、父の浩史さんは、初場所を振り返り、「けがなく終わってひと安心。勝ち越してくれてうれしい。よく頑張った」と健闘した息子を称賛。母の正子さんは「(十両に)落ちてしまうのではと毎日ドキドキしていた。けがをする力士も多かったのでそれも心配で、仕事をしていても落ち着かなくて。無事終わってほっとしています」と安堵(あんど)の気持ちを打ち明けた。

 矢後関は3月の春場所に向けて、「次も目いっぱいの相撲を取って、ひとまず勝ち越しを目指して稽古に精進する」と語った。両親は「番付を上げ、まずは三役を目指してほしい」(浩史さん)、「稽古を積んで上でも通用するように頑張ってほしい」(正子さん)と期待を込めていた。

関連記事

長野日報社

出征兵の日章旗 駒ケ根に74年ぶり帰郷

 長野県駒ケ根市出身で、太平洋戦争中に中国で戦死した櫛田正一さん=享年36歳=が身に着けていた日章旗が、74年ぶりに同市下平に住む長女の正子さん(80)に返還された。22日に市役所でセレモニー...

鈴鹿8耐レース出場を報告

豊橋市長を表敬訪問  オートバイレースの真夏の祭典「鈴鹿8耐久ロードレース」(28日)に、豊橋市の4輪・2輪車の部品メーカー武蔵精密工業がスポンサーを務めるレーシングチーム「ムサシRTハルク...

荘内日報社

鶴岡・5商店街連携 ツナガル夏まつり

 鶴岡市の中心市街地の5つの商店街が連携した「商店街連携ツナガル夏まつり」が20日夜、連続する山王、銀座、南銀座の3つの通りの約1・2㌔区間を歩行者天国にして行われた。さまざまな飲食の販売や多彩なイベン...

紀伊民報社

メッセージ花火とキャンドル 白良浜の夜彩る

 和歌山県白浜町の白良浜で20日夜、夏恒例のイベント「キャンドルイルミネーション」と「メッセージ花火」があった。ろうそくを立てた紙袋が砂浜に並ぶ中、大切な人への思いが込められたメッセージとともに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク