全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ヒバクシャ国際署名推進茅野市の会が発足

集会を開きヒバクシャ国際署名推進茅野市の会が正式に発足

 「ヒバクシャ国際署名」を推進する「ヒバクシャ国際署名推進茅野市の会」の結成集会が27日、茅野市市民活動センターゆいわーく茅野で開かれた。約50人が参加し、核兵器廃絶に向けた活動を積極的に展開することなどを確認し、会が正式に発足した。

 ヒバクシャ国際署名(核兵器廃絶国際署名)は、広島、長崎の被爆者が国内外のすべての国に対し、核兵器を禁止し廃絶する条約を結ぶよう求めて2016年から始まった国際署名運動。集まった署名は、核兵器禁止条約が議論されていた国連総会に届けられている。

 茅野市では、国際署名の呼び掛けに応え、市民有志が核兵器廃絶に向けた学習会を開催。これを機に、署名活動を推進する市内の組織を立ち上げようと準備会が発足した。これまでに3回の学習会、2回の準備会を重ねてきた。

 同会は、国際署名に対する市民過半数の賛同を得て、市議会や政府において「核兵器禁止条約に署名し、批准することを求める意見書」の採択を求めていく。市に対しては、「非核平和都市宣言」の具体化をさらに進めるよう求めるとしている。

 準備会が行ってきた署名活動では、すでに5620人分が集まったという。事務局の亀田和東さん(74)は「日本は唯一の被爆国だからこそやる意義がある。核問題は世界の問題であり、個人の問題でもある。茅野市から運動を他地域へと広げられれば」と話している。

関連記事

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。  十勝...

ミャークフツで思いはせ 歌や踊り、方言話で宮古一色 八重山在宮古郷友会

 第4回ユガイナミャークフツ(愉快な宮古方言)の夕べ(八重山在宮古郷友会主催)が21日夜、石垣市内のホテルで開催され、多くの郷友らが歌や踊り、方言話を通してルーツに思いをはせた。  宮古出身者と...

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りの紅やマ...

田原に親子交流館

 渥美半島の玄関口、渥美線三河田原駅前の新たな交流拠点「LaLaGran(ララグラン)」で22日、親子交流館「すくっと」がオープンした。遊びや活動ができ、子育てに関する公共サービスを提供する場で、田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク