全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ヒバクシャ国際署名推進茅野市の会が発足

集会を開きヒバクシャ国際署名推進茅野市の会が正式に発足

 「ヒバクシャ国際署名」を推進する「ヒバクシャ国際署名推進茅野市の会」の結成集会が27日、茅野市市民活動センターゆいわーく茅野で開かれた。約50人が参加し、核兵器廃絶に向けた活動を積極的に展開することなどを確認し、会が正式に発足した。

 ヒバクシャ国際署名(核兵器廃絶国際署名)は、広島、長崎の被爆者が国内外のすべての国に対し、核兵器を禁止し廃絶する条約を結ぶよう求めて2016年から始まった国際署名運動。集まった署名は、核兵器禁止条約が議論されていた国連総会に届けられている。

 茅野市では、国際署名の呼び掛けに応え、市民有志が核兵器廃絶に向けた学習会を開催。これを機に、署名活動を推進する市内の組織を立ち上げようと準備会が発足した。これまでに3回の学習会、2回の準備会を重ねてきた。

 同会は、国際署名に対する市民過半数の賛同を得て、市議会や政府において「核兵器禁止条約に署名し、批准することを求める意見書」の採択を求めていく。市に対しては、「非核平和都市宣言」の具体化をさらに進めるよう求めるとしている。

 準備会が行ってきた署名活動では、すでに5620人分が集まったという。事務局の亀田和東さん(74)は「日本は唯一の被爆国だからこそやる意義がある。核問題は世界の問題であり、個人の問題でもある。茅野市から運動を他地域へと広げられれば」と話している。

関連記事

長野日報社

出征兵の日章旗 駒ケ根に74年ぶり帰郷

 長野県駒ケ根市出身で、太平洋戦争中に中国で戦死した櫛田正一さん=享年36歳=が身に着けていた日章旗が、74年ぶりに同市下平に住む長女の正子さん(80)に返還された。22日に市役所でセレモニー...

鈴鹿8耐レース出場を報告

豊橋市長を表敬訪問  オートバイレースの真夏の祭典「鈴鹿8耐久ロードレース」(28日)に、豊橋市の4輪・2輪車の部品メーカー武蔵精密工業がスポンサーを務めるレーシングチーム「ムサシRTハルク...

荘内日報社

鶴岡・5商店街連携 ツナガル夏まつり

 鶴岡市の中心市街地の5つの商店街が連携した「商店街連携ツナガル夏まつり」が20日夜、連続する山王、銀座、南銀座の3つの通りの約1・2㌔区間を歩行者天国にして行われた。さまざまな飲食の販売や多彩なイベン...

紀伊民報社

メッセージ花火とキャンドル 白良浜の夜彩る

 和歌山県白浜町の白良浜で20日夜、夏恒例のイベント「キャンドルイルミネーション」と「メッセージ花火」があった。ろうそくを立てた紙袋が砂浜に並ぶ中、大切な人への思いが込められたメッセージとともに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク