全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

日本一早い田植え始まる 宮城祥伍さん、シーラ原で

日本一早い水稲の田植えが石垣島で始まり、ひとめぼれの苗を水田に植え付ける宮城翔伍さん(左)=26日午前、市内名蔵のシーラ原

 日本一早い「超早場米」の田植えが26日午前、石垣市名蔵のシーラ原で始まり、宮城翔伍さん(29)=登野城=が管理する水田に青々とした苗が広がった。

 今期の田植えは例年並みだが、寒冬だった昨年より19日早い。植え付けのピークは2月下旬で、3月20日までに終える計画。収穫は5月下旬から6月上旬の見通し。

 JAおきなわ八重山地区営農振興センターによると、石垣と西表で同地区水稲生産部会に加入している農家207人の一期米収穫量は約800㌧を見込んでいる。

 この日、他の農家に先駆けて田植えを開始した宮城さんは、新規就農事業で購入した新しい田植機を使い「ひとめぼれ」を14㌶に植え付ける予定。収穫量は約40㌧を計画している。

 宮城さんは「石垣は農家の高齢化で担い手がいないので、荒れた田んぼが増えている。僕みたいな若い農家が米づくりを受け継ぎ、おいしい新米を作り続けたい」と語った。

関連記事

豊橋市民病院の手術センター棟が完成

 豊橋市民病院で21日、手術センター棟の完工式が開かれた。外科手術とカテーテル治療が同時にできる「ハイブリッド手術室」と、内視鏡手術室の計3室を増設、より高度で安全な医療ができるようになった。緊急手...

紀伊民報社

「木」主題に本を展示 「木育キャラバン」にちなみ

 和歌山県田辺市新庄町のビッグ・ユー内にある県立紀南図書館は館内入り口近くで、「木」を主題に自然に関する本を集めた展示をしている。23、24日にビッグ・ユーで開かれる催し「木育キャラバン」(実行...

荘内日報社

荘内病院へ医師派遣支援

 山形大医学部や関連病院会、県医師会などで構成する蔵王協議会(会長・嘉山孝正山形大医学部参与)は20日、鶴岡市立荘内病院(三科武院長)の要望に応え、同病院の呼吸器内科、循環器内科の2科へ医師を派遣する...

宇部日報社

米の高校生4人、小野田工高で柔道交流

 米国ワシントン州ケント市の高校生4人が、18~20日の日程で山陽小野田市の小野田工高を訪れ、授業や柔道練習で交流を深めた。生徒たちは再会を誓い合っていた。  全国高等学校体育連盟柔道専門部が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク