全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

日本一早い田植え始まる 宮城祥伍さん、シーラ原で

日本一早い水稲の田植えが石垣島で始まり、ひとめぼれの苗を水田に植え付ける宮城翔伍さん(左)=26日午前、市内名蔵のシーラ原

 日本一早い「超早場米」の田植えが26日午前、石垣市名蔵のシーラ原で始まり、宮城翔伍さん(29)=登野城=が管理する水田に青々とした苗が広がった。

 今期の田植えは例年並みだが、寒冬だった昨年より19日早い。植え付けのピークは2月下旬で、3月20日までに終える計画。収穫は5月下旬から6月上旬の見通し。

 JAおきなわ八重山地区営農振興センターによると、石垣と西表で同地区水稲生産部会に加入している農家207人の一期米収穫量は約800㌧を見込んでいる。

 この日、他の農家に先駆けて田植えを開始した宮城さんは、新規就農事業で購入した新しい田植機を使い「ひとめぼれ」を14㌶に植え付ける予定。収穫量は約40㌧を計画している。

 宮城さんは「石垣は農家の高齢化で担い手がいないので、荒れた田んぼが増えている。僕みたいな若い農家が米づくりを受け継ぎ、おいしい新米を作り続けたい」と語った。

関連記事

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。  十勝...

ミャークフツで思いはせ 歌や踊り、方言話で宮古一色 八重山在宮古郷友会

 第4回ユガイナミャークフツ(愉快な宮古方言)の夕べ(八重山在宮古郷友会主催)が21日夜、石垣市内のホテルで開催され、多くの郷友らが歌や踊り、方言話を通してルーツに思いをはせた。  宮古出身者と...

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りの紅やマ...

田原に親子交流館

 渥美半島の玄関口、渥美線三河田原駅前の新たな交流拠点「LaLaGran(ララグラン)」で22日、親子交流館「すくっと」がオープンした。遊びや活動ができ、子育てに関する公共サービスを提供する場で、田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク