全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

小学校で卒業式、体育館建て替えで中学校借りる

卒業証書を受ける児童(西岐波中体育館で)

 山口県宇部市内の小学校のトップを切り、西岐波(小松茂文校長)の卒業式が17日に行われた。体育館を建て替え中のため、西岐波中を借りて実施。在校生や保護者に見守られ、108人が巣立った。今年度の市内の卒業児童は、合計1360人。他校は20日に実施する。

 西岐波の式は午前9時35分に始まった。胸に赤いコサージュを着けた卒業生が、温かい拍手に迎えられて入場。名前を呼ばれると順にステージに上がり、小松校長から卒業証書を受け取った。 小松校長は「皆さんは多くの人の支えの中で時を刻み、今日を迎えることができた。一人で大きくなったのではないことを忘れてはならない」「感謝する心を常に持つことが、人生を幸せにと導いてくれる。感謝の思いを『ありがとうございます』『おかげさまです』の言葉で表して」と式辞。森分一孝・市教育委員会人権教育課人権教育係長、来賓の中村英雄・西岐波市民センター所長、河口勉PTA会長も門出を祝った。

 「お別れの言葉」では、6年生が入学式や地域探検、宿泊学習、運動会、修学旅行など小学校生活を回顧。5年生が「大空がむかえる朝」などを歌って、お世話になった先輩たちに謝意を伝えた。再び6年生が「これから先、当たり前のことを幸せと感じ、夢に向かって一歩一歩前へ進んでいきます」と誓い、5年生と共に「旅立ちの日に」を合唱した。最後に大きな声で校歌を斉唱した。

関連記事

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

宇部日報社

高千帆中で「平和のつどい」 山陽小野田

 戦争の悲惨さを知り平和の尊さを考える「平和のつどい」は18日、山陽小野田市の高千帆中(笹村正三校長、473人)であり、全生徒と地域住民ら約530人が被爆を語り継ぐ会(広島)の語り部の話に耳を傾...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク