全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

新斎場の起工式 来年6月供用予定

田辺市斎場起工式であいさつする真砂充敏市長(26日、田辺市上の山1丁目で)

 田辺市斎場の起工式が26日、建設地の現斎場敷地内(和歌山県田辺市上の山1丁目)であった。真砂充敏市長や工事関係者ら約50人が出席、神事のくわ入れなどで工事の安全を祈った。工期は2020年3月19日まで。同年6月の供用開始を目指している。

 新斎場は鉄筋コンクリート一部鉄骨2階建てで、延べ床面積約1600平方メートル。遺体と最後の別れをする告別ホール、遺骨を骨つぼに収める告別収骨室、火葬の待ち時間に利用する待合室、授乳室などを新たに設ける。遺族や会葬者が到着から収骨後の退場まで、スムーズに利用できるよう設計したという。
 火葬炉は1基少ない4基となるが、火葬から収骨までの時間は2時間で、従来より1時間半ほど短縮できる。
 現施設は1969年建設の鉄筋コンクリート平屋で448平方メートル。新斎場は面積が約3・5倍、駐車可能台数も2倍以上に増える。
 工事を請け負うのは本体が東宝建設、電気設備が第一テック、機械設備がナカシゲ、火葬炉設備が太陽築炉工業。請負金額は合計8億674万1640円。起工式は工事を請け負う4社が主催した。
 真砂市長は「誰もが利用しやすく、環境や防災対策に配慮した施設。地元の協力で着工できることに感謝したい」とあいさつした。

関連記事

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。  十勝...

ミャークフツで思いはせ 歌や踊り、方言話で宮古一色 八重山在宮古郷友会

 第4回ユガイナミャークフツ(愉快な宮古方言)の夕べ(八重山在宮古郷友会主催)が21日夜、石垣市内のホテルで開催され、多くの郷友らが歌や踊り、方言話を通してルーツに思いをはせた。  宮古出身者と...

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りの紅やマ...

田原に親子交流館

 渥美半島の玄関口、渥美線三河田原駅前の新たな交流拠点「LaLaGran(ララグラン)」で22日、親子交流館「すくっと」がオープンした。遊びや活動ができ、子育てに関する公共サービスを提供する場で、田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク