全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新館「セントラルヴィレッジ」開設 フサキビーチリゾートホテル&ヴィラズ 多国籍料理のレストランも

リブランドした「フサキリゾートホテル&ヴィラズ」の新館「セントラルヴィレッジ」=25日午前、同所

 2018年12月28日に施設名を「フサキリゾートヴィレッジビーチ&ガーデン」から改名し、新館「セントラルヴィレッジ」を開設した「フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ」(塩田和巳総支配人)は25日午前、同新館で内覧会とレセプションを開き、訪れた県内の観光業や旅行業関係者約130人が新施設を観覧し、ホテルの発展を祝った。

 新館はRC2階、延べ床面積約3500平方㍍(敷地面積約2700平方㍍)。施設内に、ブッフェスタイルで多国籍料理が楽しめるレストランと、バーラウンジ、島の特産品を扱うショップがある。開設によりホテル全体の敷地面積は4万9000平方㍍、延べ床面積は1万4657平方㍍となった。客室数は182室。

 同ホテルは㈱マイステイズ・ホテル・マネジメント(麻野篤毅代表取締役社長)が運営。イメージ一新と施設充実のため、2020年までに客室数、敷地面積を約2倍に拡張する改築工事を進めており、完成後は客室数398室、敷地面積約8万6000平方㍍、延べ床面積約2万8000平方㍍が予定されている。

 レセプションで、マイステイズの房総・四国第二、九州第三・沖縄エリア担当の山城伸之部長は「現在は三ツ星レベルを自認しているが、今後は四つ星レベルを目指し、施設とサービスを充実させていきたい」とハイブランド化の方針を示した。また、「年間を通じて利用できる施設を備え、地元に愛されるホテルになりたい」と、地域に根ざしたホテル運営を心掛ける考えも示した。

 中山義隆市長や日本トランスオーシャン航空㈱八重山支社の我那覇宗広支社長も来場し、祝辞を述べた。

関連記事

消防士体験でヒーロー気分

豊橋市「ふるさと納税」返礼品の一つ  自治体を選んで寄付をするふるさと納税制度で豊橋市に寄付した人ができる消防士の仕事体験「ファイヤーヒーロー体験」が16日、市中消防署で行われ、浜松市内の親子1組...

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク