全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

6者連携し農業担い手育成

 鶴岡市と山形大農学部、東北芸術工科大、JA鶴岡、JA庄内たがわ、ヤマガタデザインの6者が24日、地域農業の担い手育成と確保を目的に連携協定を締結した。閉館した同市千安京田の県有施設・旧いこいの村庄内の施設を新たに滞在型の研修拠点施設として活用し、6者が連携して市内外から研修者を受け入れ、地域への新規就農者定着につなげる。

 旧いこいの村への拠点施設は、鶴岡市が開設する。新年度に改修するなど整備し、2020年4月から研修者受け入れを目指す。協定項目は親元就農など地元の新規就農者、首都圏など地域外からの新規就農者の育成・確保や研修後の就農支援など。拠点施設では2年間の研修プログラムを計画しており、山大農学部は座学の講義、両JAは現場実践や就農支援、芸工大は施設改修などで協力し、まちづくり会社のヤマガタデザインは地域外から若者を呼び込むノウハウ提供や経営するパイプハウスでの農業実践の受け入れなどで連携する。

 同市によると、農業者の高齢化や担い手不足により近年、市内の基幹的農業従事者は年間平均140人減少する一方、新規就農者は25人程度にとどまり、地元に加えて地域外からの人材確保が課題となっている。

 この日、市役所で行われた締結式では皆川治市長、林田光祐農学部長、中山ダイスケ芸工大学長、佐藤茂一JA鶴岡組合長、黒井徳夫JA庄内たがわ組合長、山中大介ヤマガタデザイン社長が協定書に署名。皆川市長は「農業の担い手育成・確保は難しい課題だが、6者の連携で支援体制を確立し、全力を挙げて取り組む」と述べた。

協定を締結した6者の代表者ら=24日、鶴岡市役所

関連記事

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正...

荘内日報社

酒田南高女子生徒が“舞娘修業”に入門

 いずれも酒田市の「舞娘(まいこ)茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)と、酒田南高校(中原浩子校長)が締結した日本舞踊を中心とした伝統文化伝承、起業家精神を持つ人材の育成に関する協...

紀伊民報社

津波碑ウェブ地図に掲載 過去の教訓伝える

 和歌山県田辺市の津波被害を伝える石碑16基が19日、国土地理院のウェブ地図に掲載された。過去の被災場所を知らせ、教訓を周知する。全国48市区町村の碑が掲載されたが、県内は田辺市のみ。  国土地...

宇部日報社

トラフグの稚魚4万匹放流

 県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は19日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。    放流したフグは体長7㌢ほど。秋穂東の内海栽培漁業センターで採卵・ふ化させ、秋穂西の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク