全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

清水・羽帯駅 感謝の見送り 60年の歴史に幕

「羽帯駅ありがとう」。さよならイベントで横断幕を掲げて列車を見送る住民ら。中央が待合室

 春のダイヤ改正(17日)に伴い、JR根室線の羽帯駅が16日、60年間の歴史に終止符を打った。駅には各地から鉄道ファンが訪れ、地域住民も思い出が詰まった車両に手を振るなど感謝を伝えた。

 駅では午後5時前に停車する上下線に合わせ、町観光協会(只野敏彦会長)主催の「さよならイベント」が行われ、無料の送迎バスなどで約100人が集まった。ホームに並んで「羽帯駅60年間ありがとう」と書かれた横断幕を掲げ、駅周辺では記念グッズや町の特産品も販売された。

 すぐ近くに住み、駅で過ごせる最後の時間を家族3人で楽しんだ山田永子さん(61)は「駅のアナウンスが家まで聞こえて来ることもあった。日常にある音がなくなるのは寂しい」。茨城県つくば市から訪れた後藤康夫さん(55)は「十勝唯一の秘境駅で、なくなる前に来たかった。きょうはにぎやかで驚いた」と笑顔を見せた。

 午後7時15分発の最終列車(新得行き)の見送りでは、ペンライトを振る大勢の人から「ありがとう」の声が飛んだ。鉄道ファンで地元羽帯地区に住む増田秀則さん(53)は「普段は無人。最後ぐらい駅員がいてもいいじゃない」と旧国鉄職員の制服を着て参加。駅周辺の鉄道模型ジオラマを制作中で「地域の歴史として形に残しておきたい」としみじみ語った。

 只野会長は「十勝千年の森が近くにあり、駅がなくなるのは大変残念。清水に人を呼び込むことを今まで以上に考えたい」と話した。

関連記事

第8回西表島人文化祭 島の魅力を再発見 展示や体験など満喫

 【西表】「文化力は島の力」をサブテーマとした「第8回西表島人(しまぴとぅ)文化祭」(西表島エコツーリズム協会主催)が14日、西表西部の中野わいわいホールで開かれ、販売、展示、体験型など30以上の...

長野日報社

相手の気持ちで「ものづくり」 諏訪市内小中学生がチャレンジショップ

諏訪市教育委員会は14日、市立11小中学校の児童生徒が同市の独自科目「相手意識に立つものづくり科」で作った品物を販売する「チャレンジショップ2019」を初めて市駅前交流テラスすわっチャオを会場に...

豊川市若者ボランティア振り返りの会

 豊川市は14日、若者にボランティアや市民活動への参加を促進するための体験講座「とよかわボラなび2019」の振り返りの会をプリオ(諏訪3)で開いた。  今年は16歳から25歳までの高校生や大学生、...

紀伊民報社

冬の海辺に黄色い花 キノクニシオギク

 和歌山県紀南の海辺で、キノクニシオギク(キク科)が黄色い花を咲かせている。県レッドデータブックで準絶滅危惧に分類されている。  紀伊半島に自生する野生のキクで、シオギクとイソギクの自然交雑群と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク