全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広のダイイチ壱号店閉店 3月末にも

閉店するダイイチ壱号店

 地場スーパー大手のダイイチ(帯広、鈴木達雄社長)は、創業店舗である「壱号店」(帯広市西1南10)を、3月末にも閉店する方針を固めた。施設の老朽化や商環境の変化などが理由。市内中心部では唯一のスーパーで、特に周辺の飲食店関係者らが利用していた。

 壱号店は1958年9月、帯広フードセンター(現・ダイイチ)の「本店」として現在地でオープン。改装などを経て、現在は鉄骨造り2階建て延べ床面積は891平方メートル。2階は事務所兼作業所として活用しており、1階の店舗部分は389平方メートル。土地と建物とも、個人地権者からの賃借だった。

 地域一番店になったこともあったが、中心部商店街の居住人口が減り、車社会の進行で郊外の大型店に客の流れがシフト、近年は売り上げ減が続いていた。

 「ダイイチが推進する店舗面積に比べてもかなり小さく、仮に改修しても収益増は見込めない」(同社)として、閉店することにした。

 近隣では以前、福原(帯広)も店舗を構えていたが、2013年に閉店。ダイイチ壱号店は、深夜0時まで(日曜除く)営業していたこともあり、周辺飲食店関係者の利用も多かった。同社によると、昨年末から閉店方針の情報を聞いた飲食店関係者から、営業継続に関する嘆願書も寄せられている。

 鈴木社長は「ダイイチの現在があるのは壱号店のおかげでもあり、地域貢献として売り上げに関係なく営業を続けてきた経緯がある。小売業の競争が厳しい中、白樺店の大改修も控えている。地域の人には申し訳ないが理解してほしい」と話している。

関連記事

釧路新聞社

谷口夫妻 林産で天皇杯【標茶】

谷口種苗農園(町開運8)取締役会長の谷口洋一郎さん(77)と同取締役の希(まれ)子(こ)さん(70)夫妻が、2019年度第58回農林水産祭天皇杯(林産)を受賞した。 天皇杯林産部門の受賞は道内...

小浜小の6年生7人 島の魅力、観光パンフ作成 はいむるぶしに贈呈 

 【小浜】小浜小中学校(漢那ひとみ校長)の小学6年生7人がこのほど、来島者に島の良さ・魅力を伝えようとパンフレットを作成、小浜港とリゾート施設「はいむるぶし」に贈呈し観光客への配布を依頼した。 ...

長野日報社

米俵ピラミッドお目見え 24日に飯島町米俵マラソン世界大会

長野県飯島町を舞台に米俵を担いで健脚を競う第7回「飯島町米俵マラソン世界大会」が24日に行われる。大会の成功に向けて機運を高めようと、主催する実行委員会の関係者らがメイン会場の町文化館玄関に米俵...

世界で働く極意学ぶ

東三河の魅力企業スタディープログラム  県は18日、「第2回東三河の魅力企業スタディープログラム」を県立時習館高校(高畑尚弘校長)で開いた。1年生320人が参加。2016年から実施している「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク