全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広のダイイチ壱号店閉店 3月末にも

閉店するダイイチ壱号店

 地場スーパー大手のダイイチ(帯広、鈴木達雄社長)は、創業店舗である「壱号店」(帯広市西1南10)を、3月末にも閉店する方針を固めた。施設の老朽化や商環境の変化などが理由。市内中心部では唯一のスーパーで、特に周辺の飲食店関係者らが利用していた。

 壱号店は1958年9月、帯広フードセンター(現・ダイイチ)の「本店」として現在地でオープン。改装などを経て、現在は鉄骨造り2階建て延べ床面積は891平方メートル。2階は事務所兼作業所として活用しており、1階の店舗部分は389平方メートル。土地と建物とも、個人地権者からの賃借だった。

 地域一番店になったこともあったが、中心部商店街の居住人口が減り、車社会の進行で郊外の大型店に客の流れがシフト、近年は売り上げ減が続いていた。

 「ダイイチが推進する店舗面積に比べてもかなり小さく、仮に改修しても収益増は見込めない」(同社)として、閉店することにした。

 近隣では以前、福原(帯広)も店舗を構えていたが、2013年に閉店。ダイイチ壱号店は、深夜0時まで(日曜除く)営業していたこともあり、周辺飲食店関係者の利用も多かった。同社によると、昨年末から閉店方針の情報を聞いた飲食店関係者から、営業継続に関する嘆願書も寄せられている。

 鈴木社長は「ダイイチの現在があるのは壱号店のおかげでもあり、地域貢献として売り上げに関係なく営業を続けてきた経緯がある。小売業の競争が厳しい中、白樺店の大改修も控えている。地域の人には申し訳ないが理解してほしい」と話している。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク