全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

大岩川トンネル掘削始まる

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の「朝日温海道路」で、掘削工事が始まった大岩川トンネル(延長1016メートル)の工事見学会が22日、鶴岡市大岩川地内の現地で行われた。鶴岡市議や市職員らが訪れ、事業主体の国土交通省酒田河川国道事務所や施工業者から事業概要や掘削工法などの説明を受けた。

 県境を挟む朝日まほろば(新潟県村上市)―あつみ温泉間40・8キロは、遊佐―象潟(秋田県にかほ市)間17・9キロとともに、2013年5月に事業化決定。朝日まほろば―あつみ温泉間は、国交省が「国道7号朝日温海道路」として整備し、同事務所が県境からあつみ温泉までの庄内側6・7キロを担当し工事を進めている。

 庄内側には5本のトンネルが設けられ、あつみ温泉インターチェンジそばの大岩川トンネルが最初のトンネル工事となり、昨年11月から新潟側に向けて本格的に掘削がスタートした。現在、坑口から30メートルほど掘削が進んでいる。工期は2020年10月までの約2年半で、事業費は約38億7000万円。

 工事見学会は、朝日温海道路の庄内側の本線工事の本格化に合わせ、同事務所と鶴岡市が開き、関係者約50人が参加した。同事務所の担当者が事業の内容、施工者の奥村組東北支店の担当者が掘削工事の概要について説明。参加者はトンネル全体を覆うためのコンクリート製造の現場プラント、コンクリート吹き付けや岩盤に穴を開けるための大型重機などを視察した。施工者は「トンネルの坑口近くは土が軟らかいため重機で掘削しているが、掘り進んで岩盤が出てくれば、発破工法で掘削を進めることになる」など説明した。

 視察した齋藤久市議会議長は「日沿道の早期全線開通への地元の期待は大きい。全国的には高速道路の4車線化の要望が強まっているが、つながっていない区間を開通させることを優先すべき。建設工事が順調に進むよう、関係機関への要望をさらに強めていきたい」と話した。

 朝日温海道路は全体事業費約1900億円。17年度末の事業費ベースの進捗(しんちょく)率は約8%、用地買収の進捗率は約44%となっている。

日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル坑口。昨年11月から本格的な掘削工事が始まった=22日、鶴岡市大岩川地内

関連記事

38年間の植物研究

瀧崎さんが「~東三河~野の花たちの歳時記」出版  豊橋市立東部中学校教諭、瀧崎吉伸さん(61)が、38年余にわたる植物研究の成果を分かりやすくまとめた「~東三河~野の花たちの歳時記(ダイアリー...

紀伊民報社

飲酒運転を取り締まり 夏の交通安全運動

 わかやま夏の交通安全運動が11日、始まった。20日までの期間中、飲酒運転の根絶や横断歩道での歩行者優先などを重点に、県内各地で啓発活動が実施される。田辺署は運動に先立ち、飲酒運転の撲滅に向けて...

荘内日報社

鶴工高創立100周年記念 シルクプロジェクト 前身・染織学校に思い馳せ歴史と..

 鶴岡市の鶴岡工業高校(百瀨克浩校長)で10日、「鶴工シルクプロジェクト」のキックオフイベントが行われた。創立100周年を記念し、山形大国際事業化研究センター(小野寺忠司センター長)と連携した起業家育成...

釧路新聞社

羅臼高校、5年ぶり勝利を【羅臼】

   2020年度夏季北海道高校野球大会釧根支部大会(17日、釧路市民球場)に羅臼高校が秋季に続き単独で出場する。夏季大会出場は5年ぶり。昨年の秋季大会では初戦で釧工業に1ー11と大敗したが、今回...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク