全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

大岩川トンネル掘削始まる

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の「朝日温海道路」で、掘削工事が始まった大岩川トンネル(延長1016メートル)の工事見学会が22日、鶴岡市大岩川地内の現地で行われた。鶴岡市議や市職員らが訪れ、事業主体の国土交通省酒田河川国道事務所や施工業者から事業概要や掘削工法などの説明を受けた。

 県境を挟む朝日まほろば(新潟県村上市)―あつみ温泉間40・8キロは、遊佐―象潟(秋田県にかほ市)間17・9キロとともに、2013年5月に事業化決定。朝日まほろば―あつみ温泉間は、国交省が「国道7号朝日温海道路」として整備し、同事務所が県境からあつみ温泉までの庄内側6・7キロを担当し工事を進めている。

 庄内側には5本のトンネルが設けられ、あつみ温泉インターチェンジそばの大岩川トンネルが最初のトンネル工事となり、昨年11月から新潟側に向けて本格的に掘削がスタートした。現在、坑口から30メートルほど掘削が進んでいる。工期は2020年10月までの約2年半で、事業費は約38億7000万円。

 工事見学会は、朝日温海道路の庄内側の本線工事の本格化に合わせ、同事務所と鶴岡市が開き、関係者約50人が参加した。同事務所の担当者が事業の内容、施工者の奥村組東北支店の担当者が掘削工事の概要について説明。参加者はトンネル全体を覆うためのコンクリート製造の現場プラント、コンクリート吹き付けや岩盤に穴を開けるための大型重機などを視察した。施工者は「トンネルの坑口近くは土が軟らかいため重機で掘削しているが、掘り進んで岩盤が出てくれば、発破工法で掘削を進めることになる」など説明した。

 視察した齋藤久市議会議長は「日沿道の早期全線開通への地元の期待は大きい。全国的には高速道路の4車線化の要望が強まっているが、つながっていない区間を開通させることを優先すべき。建設工事が順調に進むよう、関係機関への要望をさらに強めていきたい」と話した。

 朝日温海道路は全体事業費約1900億円。17年度末の事業費ベースの進捗(しんちょく)率は約8%、用地買収の進捗率は約44%となっている。

日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル坑口。昨年11月から本格的な掘削工事が始まった=22日、鶴岡市大岩川地内

関連記事

新鮮野菜、首都圏へ空輸 JALと農総研が実証実験-新千歳

 日本航空(JAL)と農産物流通業の農業総合研究所(農総研、和歌山市)は21日、実証実験として新千歳空港の集荷場から北海道産農産物を東京へ初出荷した。道内で朝に収穫した野菜をその日の昼ごろに羽田...

荘内日報社

幽玄な舞がファン魅了

 酒田市松山地域に伝わる松山能(県指定無形民俗文化財)が20日夕、同地域の本町皇大神社(宮本正芳宮司)の神明神社能楽堂で奉納上演され、幽玄な舞が訪れた能楽ファンを魅了した。  松山能は350年以上の歴...

紀伊民報社

釣り銭取り忘れ注意 窃盗相次ぐ

 和歌山県警田辺署は、管内のセルフ給油所に、釣り銭の取り忘れや窃盗への注意を促すチラシを掲示している。管内では近年、給油所を利用した人の取り忘れた釣り銭が盗まれる被害が相次いでいて、今年はすでに...

宇部日報社

病院の職員の子どもたちが職場訪問

 セントヒル病院(西嶋雋嘉院長)で20日、看護師などとして働く職員の子どもたちを招いた職場見学が行われた。参加した小学生30人は白衣に袖を通して院内を見学。親が働く姿も目にし、夜勤などもある仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク