全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広工業高でスマート農業 官民連携し研究

関係者が情報を共有した第1回十勝管内地域みらい連携会議

 官民学一体で地域の課題解決の実践研究に取り組む「高等学校OPENプロジェクト」が本格的に始動している。十勝管内で唯一、研究指定校に選ばれた帯広工業高校(金谷秀幸校長)は、3カ年でスマート農業の実現・普及に向けての研究を行う。プログラミングや画像処理などのノウハウを持つ同校の特色を生かした研究で、今後、ドローンを活用したデータ解析などを目指し、十勝の基幹産業の農業の発展に関わる研究を行っていく。

 道教委の「北海道ふるさと・みらい創生推進事業」の一環。学校と自治体、企業などが共同して2018~20年度の3年間、地域の課題解決に向けて取り組む。15の研究指定校の枠に、道内27校が応募した。

 帯広工業高は電気科・電子機械科の生徒が実践研究計画を提案し、昨年9月ごろ選定された。

 21日には「第1回十勝管内地域みらい連携会議」が同校で開かれ、十勝教育局や帯広市、とかち財団など関係者6人が情報を共有した。

 中間報告では、電気科の佐藤淳爾教諭が昨年9月ごろからの取り組みを発表。帯広畜産大学の教授の講演や、身の回りのあらゆるものがネットにつながるInternet of Things(IoT)の基礎について学びを深めた。

 来年度は地元農家に協力を得て実際にドローンを飛ばし、3年目には取得したデータの解析を目指していく。

 一方、今後の課題として学年の代替わりによる研究内容の引き継ぎが挙がった。同プロジェクトは生徒が設定したテーマを研究する、3年次の課題研究(週2こま)で行う。テーマの一つとして10人前後で取り組み、スムーズな引き継ぎを目指していく。

 金谷校長は「今プロジェクトは、学習指導要領で求められる、基本を組み合わせて新しい価値観を生み出せる生徒像にも共通する。工業高校ならではの視点で提案し、3年後に一定の成果を残していきたい」と話している。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク