全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

石垣島製糖が初荷 粗糖生産9279㌧見込む

石垣島製糖が今期に製品化して初出荷した粗糖が運搬船に積まれ、県外へ海上輸送される=21日午前、石垣港

 石垣島製糖㈱(松林豊代表取締役社長)は21日午前、今期製品化した粗糖(分蜜糖)の出荷を開始した。この日は1000㌧、22日に500㌧の初荷合計1500㌧を千葉市の新東日本製糖へ海上輸送する。売上額は約2億3000万円。初荷は長雨の影響で原料の搬入遅れが響き、当初計画より2週間遅れた。2018~19年の今期は原料生産8万3838㌧、粗糖生産9279㌧を見込んでいる。昨年12月6日から始まった製糖は3月末まで計画している。

 同日午前、製糖工場構内で行われた初荷式には製糖関係者が出席。粗糖を満載し、石垣港に出発するトラックを見送った。

 海上輸送する初荷は昨年11月に配船された琉球海運㈱の「栄聖丸」が担い、港に到着したトラックからベルトコンベヤーで次々に粗糖が積み込まれた。

 今期の原料と粗糖生産が昨年より下回る見通しに松林社長は「昨期は豊作で原料生産は10万㌧を超えたが、今期は8万㌧を突破できたので良い実績。糖度は14度と高糖度を維持している」と納得の表情を見せた。

 一方、長雨で搬入計画に遅れが出ており、終了が遅れる可能性を示した松林社長は「製糖が終了する最後まで力を合わせて頑張りたい」と気を引き締めた。

関連記事

リトアニア代表が豊小と交流

豊橋市総合体育館で児童らとゴールボール試合  2020年東京五輪・パラリンピックへ向けたトレーニングキャンプをホストタウンの豊橋市で行っている欧州リトアニアのゴールボール代表は24日、同市総合体育...

荘内日報社

公益大 モンゴルに派遣の3人が帰国報告会

 今年3月、モンゴルの首都・ウランバートルにある国際協力機構(JICA)機関の一つ「モンゴル日本人材開発センター」でインターンシップを行った、東北公益文科大学(酒田市)の学生3人による報告会が22日夕...

紀伊民報社

令和改元で特設窓口 印南町

 和歌山県印南町は、令和への改元に伴い婚姻届と出生届が増えることが予想される祝日の5月1日、住民福祉課の受付窓口を特設する。通常の休日は宿直が対応しているが、この日は職員を増員し、記念撮影用のブ...

3号機打ち上げ準備完了 IST「MOMO」 大樹

 大樹町内のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」(IST、稲川貴大社長)は23日、町浜大樹の実験場で観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げを想定した最終リハーサルを行った。燃料...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク