全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ツリーハウスをクラウドファンディングで 飯島中1年1組が挑戦

生徒がデザインしたツリーハウスの構想図

 長野県の飯島町飯島中学校1年1組の27人が、インターネットで幅広く支援を募る「クラウドファンディング(CF)」を活用して、町図書館の隣接地に幼い子どもたちが集うツリーハウスを建設しようと取り組んでいる。今月18日から募集を開始し、2月末までに195万円の目標達成を目指す。生徒たちにとっては大きな挑戦だが「地域の未来のために協力してほしい」と呼び掛けている。

 総合的な学習の一環で、「普段できないことに挑戦してみよう」と意見を出し合った同学級。さまざまなアイデアの中でツリーハウスが提案されると、「おもしろそう」と意気投合して取り組みを進めることになった。

 町と協議する中で、多くの親子が集まる町図書館の横が建設地として提案された。活用法を探るうちに自然と「古里のためになるものを」と考えるようになり、どんな変化が起きるのかも検討。次代を担う子どもたちの思い出の場所として記憶に残り、まちづくりのバトンをつなぐ存在になればと夢を広げた。

 わくわくしながら、好きな本を思いっきり声を出して読むことができる子どもたちの空間にしようとアイデアも固まり、デッキを備えた2メートル四方のハウスを計画。安全面や耐久性などから建設の主体は専門業者に依頼するのが適切と考え、CFで資金調達することにした。

 現在生徒たちは四つの班に分かれて、CFに協力してもらえるよう広報活動を展開。今までは家族や親類など身内が中心だったが、今後は町内でのPRも予定する。写真班の宮下裕斗さんは「多くの人に広まるようにしたい」と目標達成に意欲を燃やす。

 CFの活用を生徒たちに提案した担任の竹内大輔教諭(32)は「子どもたちは目標を達成したいと強い思いを持つようになった。大人と対等な挑戦ができる自分たちの力の大きさも実感できるはず。生徒たちのがんばりを多くの人に見てもらい、共感してもらえれば」と話す。

関連記事

満員の観客、万雷の拍手 うつぐみ芸能交流高知公演

 【高知】竹富島や高知県など4道県合同の郷土芸能大会「うつぐみ文化芸能交流高知公演~郷土芸能でこじゃんとめんそーれ!~」が10日、高知県香南市の「弁天座」で開かれた。太平洋戦争末期、竹富島に駐留...

長野日報社

芳香シクラメン直売 駒ケ根の信州ナーセリー

 鉢花を生産する駒ケ根市南割の「信州ナーセリー」は13日から、「シクラメンの香りフェア」と銘打った直売イベントを始めた。大鉢のシクラメンと、出荷最盛期を迎えた小ぶりなガーデンシクラメンを販売。...

荘内日報社

「庄内柿」香港に向け出荷

 酒田市のJAそでうら(五十嵐良弥組合長)が庄内柿を酒田港から香港に輸出することになり、トラック積み込み作業が12日、同市坂野辺新田の同JA選果場で行われた。市産業振興まちづくりセンター(サンロク)...

釧路新聞社

イワシを使った「ふるさと給食」【厚岸】

厚岸に水揚げされたイワシを使った「ふるさと給食」が12日、町内全小、中学校で振る舞われ、児童生徒らが地元の味に舌鼓を打った。厚岸漁協(川崎一好組合長)が子供たちに地場の魚介類を味わってほしいと無...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク