全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

戦前・戦中・戦後の足跡たどる 八重山平和祈念館

県平和祈念資料館の移動展で沖縄戦の様子を写したパネルを見る来場者=19日午前、八重山平和祈念館

 沖縄県平和祈念資料館の移動展「沖縄県民の戦争被害と次代への継承」が19日から八重山平和祈念館で始まり、県民がたどった戦前から戦中、戦後の足跡を3部構成で伝えている。

 同資料館では、戦後70年以上が経過した沖縄戦の悲劇と被害状況、戦後の苦難を乗り越えた県民の生活、戦争を体験していない次の世代に受け継ぐ活動の現状を考える機会として同展を実施した。

 展示室には当時の県民の様子や、読谷から上陸する米軍との地上戦、戦後の町並みや戦争孤児の様子などを写真やパネル183点、展示ケース内に複写資料26点で詳細に振り返っている。

 昨年の全沖縄戦没者追悼式で故・翁長雄志前知事が読み上げた平和宣言文も展示されている。

 同資料館の金城篤主査は「戦争が起こったらどういう状態になるのかということを沖縄戦の実態としてまとめた。移動展で平和の尊さを学んでほしい」と呼び掛けた。同展は2月24日まで。入場無料。毎週月曜日は休館、2月11日は開館。

関連記事

昔ながらの遊びなど体験 青少年の家まつり

 スポーツや昔ながらの多彩な遊びが体験できる「青少年の家まつり&遊びリンピック」(県立石垣青少年の家、県教育委員会主催)が17日、青少年の家で開かれ、家族連れを中心に730人(主催者発表)がイベン...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

紀伊民報社

福祉に関心を ふれあい文化祭

 和歌山県田辺市文里2丁目のガーデンホテルハナヨアリーナで16日、第25回ふれあい文化祭(実行委員会主催)が始まった。舞台発表や飲食物の販売などがあり、多くの人でにぎわっている。17日まで。  ...

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家 中札内

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク