全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「南紀熊野ジオパーク」が再認定

橋杭岩の前でジオパーク再認定を喜ぶ関係者(18日、串本町くじの川で)

 和歌山県の紀南9市町村に広がる「南紀熊野ジオパーク」が18日、国内の貴重な地質遺産「日本ジオパーク」に再認定された。「多くの人が楽しんで活動している」ことなどが評価された。

 国内の地球科学研究者らでつくるジオパークの公式認定機関「日本ジオパーク委員会(JGC)」が同日午前中にあった会議で、南紀熊野を含む国内のジオパーク6件の再認定について審議。午後にそれぞれの可否を発表した。
 南紀熊野については、ガイドをはじめ、各種団体や事業者、県、市町村が国立公園とも協力して教育や保全、ツアー活動を楽しみながら繰り広げていることが評価された。この4年間で自然や文化などを保全し、価値を伝え、地域の活性化に生かすことの土台ができ始めているという。
 南紀熊野のほか、八峰白神(秋田県)、霧島(宮崎県)、苗場山麓(新潟県・長野県)が再認定。立山黒部(富山県)、天草(熊本県)が条件付き再認定となった。
 南紀熊野は2014年8月に日本ジオパークに認定された。エリアは新宮市、上富田町、白浜町、すさみ町、串本町、古座川町、那智勝浦町、太地町、北山村の9市町村と奈良県十津川村の一部。見どころとして107カ所が選定されている。ガイド組織があり、ツアーや体験イベントを企画するほか、ジオパークにちなんだスイーツ、料理、弁当などが作られている。7月には串本町潮岬にジオパークセンターが完成する予定。
 日本ジオパークを維持するためには4年に1回、JGC委員らの現地調査により、地質遺産の保全や活用、前回審査時からの活動の進展などについての審査を受け、再度認定されなければならない。
 JGC委員らが昨年11月5~8日に紀南地方を訪れ、ジオパークガイドの案内ですさみ町の「フェニックス褶曲(しゅうきょく)」、串本町の「橋杭岩」、那智勝浦町の「ゆかし潟」、北山村の「筏師の道」などを巡り、体験もするとともに、各市町村の首長や担当職員、ガイドらに聞き取りをした。委員らは「多くの人たちが自分のこととして楽しく活動しているのがよかった」と好印象を示していた。

関連記事

紀伊民報社

好天に漂う梅の香り 南部梅林

 天候に恵まれた3連休中日の10日、和歌山県みなべ町晩稲の南部梅林は多くの家族連れらでにぎわった。花は五分咲きで、ばらつきがあるが、満開に近い木もある。次の週末に見頃を迎えそうだ。  世界農業遺...

奄美の黒糖焼酎も好評 東京で「かごしま食の大交流会」

 鹿児島県の特産品と観光の魅力をアピールする「かごしま食の大交流会inTOKYО」が1月31日、東京都内のホテルであった。日本一の評価を受けた鹿児島黒牛とともに、2020年の世界自然遺産登録を目指...

突き出すキノコ氷 上士幌の糠平湖

 氷を載せた切り株が並ぶ、上士幌町糠平湖の冬の風物詩「キノコ氷」が今年もお目見えした。厳しい自然環境が生み出す氷の造形が、釣り人や観光客らの目を楽しませている。  糠平湖は1955年、原生林を...

長野日報社

今季出現「厳しそう」 諏訪湖の御神渡り

 諏訪湖を覆った氷がせり上がる「御神渡り」の判定と神事を担う八剱神社(諏訪市小和田)の関係者は30日朝、氷の状況を確認した。宮坂清宮司(68)は「今の状況だと(今季の)全面結氷は厳しい」と語り、2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク