全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪市内の風景写真絵はがき好評 市と観光協

観光客向けに製作して、好評を呼んでいる4種類の絵はがき=諏訪市観光案内所

諏訪市と諏訪観光協会が連携して観光PR用に作った写真の絵はがきが好評だ。JR上諏訪駅前の市観光案内所の窓口に置き、1人1枚限定(無料)で自由に持って行ってもらっている。市内の観光資源を撮った4種類があり、一番人気は日没後の風景を題材にした「立石公園から望む諏訪湖」だ。訪日観光客を含むリピーター(再訪者)の確保や口コミでの誘客に一役買えれば│としている。

市の玄関口でもある駅前の案内所で観光客に喜んでもらうおもてなし向上策として昨年11月に取り入れた。写真は他に、満開の桜と高島城、諏訪湖祭湖上花火大会の水上スターマイン、霧ケ峰で咲くニッコウキスゲで、各125枚作った。

観光案内所の担当者によると、訪れた人に「絵はがきどうですか」と声を掛けると、8割ほどの人はラックから抜いて持って行くという。最も人気の高い立石公園から望む諏訪湖は、同公園がアニメ映画「君の名は。」に出てくる場面に似ていると評判で、依然「聖地巡礼」の外国人らが見られるという。当初印刷分は12月中に終了し増刷中だ。

他は今月17日現在で高島城が108枚、花火が87枚、霧ケ峰が60枚はけた。外国人には城のデザインも受けがよく、4種類全て欲しいという人もいる。担当者は「春や夏になれば、ニッコウキスゲや花火の絵はがきを持って行く人が増えるかもしれない」と推測する。

市観光課は「絵はがきというアナログ的な方法だが、記念として手元に残る物。ふと目にして『また行きたい』と思ってもらえれば」と期待する。好評が続けば、秋や冬の風景を撮影した絵はがきを増やすことを検討したいとしている。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク