全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

トムラウシ山野営指定地にトイレ増設 新得

 大雪山系トムラウシ山(2141メートル)の環境改善に取り組む「環境対策部会」(部会長・小西則幸新得山岳会長)の会合が15日、新得町役場庁舎で開かれた。来年度は野営指定地での携帯トイレブースを増設することなどを確認した。

トイレ問題の環境改善対策を話し合った会合

環境保全へ「携帯型」PR
 日本百名山の一つとして多くの登山者が訪れるトムラウシ山では、常設トイレがなく、山頂付近の南沼野営指定地に携帯トイレブースが一つあるのみ。このため登山者が岩陰で用を足すトイレ道が複数でき、高山植物が踏みつけられ排せつ物とティッシュペーパーが大量放置されている。

 会議には十勝総合振興局や新得町、新得山岳会、環境省上士幌自然保護官事務所、山のトイレを考える会(札幌市)などから16人が出席。小西部会長は「官民一体でトムラウシ山の自然環境保全に努めたい」とあいさつし、環境省の担当者がトイレ道に保護ネットを張った植生回復の効果や現状を報告した。

 また昨年7~9月の10日間、早朝に南沼野営指定地で実施した調査では、計236人が宿泊していた。このうち75人が携帯トイレブースを利用。調査時間外の利用者がいることを考慮しても、ブース1基では対応できないと分析した。

 トイレ道などでの植生被害拡大を防ぐため、6~7月をめどに携帯トイレブースの1基増設を目指す他、ホームページやメディア媒体を通じて携帯トイレの普及啓発活動を行うことを確認した。

関連記事

荘内日報社

若者が「鶴岡シルク」アピール

 鶴岡の伝統産業の「シルク」をテーマに、地域で伝承されてきた絹文化を生かした新たなまちづくりの創造につなげる「シルクノチカラ2019」が23日(土)午後1時から、鶴岡市の荘銀タクト鶴岡(市文化会館)で開か...

紀伊民報社

豪快に海へダイブ 水陸両用観光バス試乗会

 琵琶湖周辺で水陸両用観光バスツアーを手掛けている「ティアンドティ・コーポレーション」(滋賀県長浜市)が20日、和歌山県田辺市磯間の湊浦漁港で、地元の観光関係者らを対象にした試乗会を開いた。約5...

苫小牧漁協がサケの採卵作業 来春放流へ期待込めて

 苫小牧漁業協同組合の錦多峰さけ・ますふ化場(錦岡)で21日、今季最後のサケの採卵作業が行われた。漁業関係者ら約10人が早朝から、捕獲したサケを選別して人工授精。今季は前年並みの親魚を確保してお...

マレーシアでポートセールス 苫小牧港の機能をアピール

 【マレーシア・クアラルンプール】苫小牧港利用促進協議会(会長・岩倉博文苫小牧市長)が主催する苫小牧港セミナーが20日、海外ポートセールスで訪れたマレーシア・クアラルンプール市のホテルで開かれ、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク