全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

学校のシンボル「ポプラ」復活へ

ポプラの挿し木を鉢に植え替える生徒ら=国府高校で

 豊川市の国府高校(恩田やす恵校長)で15日、シンボルツリーと言われるポプラの樹木を復活させる学校創立100周年に向けた取り組みで、生徒らによる挿し木の移植作業「鉢上げ」が行われた。  昨年3月、発根促進剤に浸してプランターに挿したポプラの若い枝が、1年かけて根が伸びた。さらに根を広げるため、今回も鶴城丘高校の造園教諭・西村直人さん(33)の指導の下、成長した48本の挿し木を赤玉土や腐葉土などが入った鉢1本ずつに植え替えた。  今後しばらく半日は日影で管理し、根が強くなったら日向に移し、成長を促す。その後再び大きめの鉢に移植する予定で、高さ1メートル以上にまで伸びたら、グラウンド南側のポプラ並木に植える。学校が創立100周年を迎える2020年度までの実現を見据える。  同校には1920(大正9)年の開校当時、グラウンド南に20本近くのポプラが立ち並んでいたとされる。運動部の防球ネットの役割も果たし、応援歌にも「そびえゆるポプラ~♪」の歌詞が登場するが、近年は枯れ木や倒木などで姿を消し、昨年度8本あったポプラは現在5本に減った。その木も倒木の恐れがあり、安全を考慮して上部を伐採した。  前年度生徒会から作業を受け継いだ、会長で2年の伊藤駿さん(17)は「自分よりも下の代の後輩たちに知ってもらえるように取り組みたい。国府高校と言えばポプラと言われるぐらいになれば」と言い、順調な生育を願って水をかけた。

関連記事

帯広の森50年 後世へ シンボルツリーを植樹

 「帯広の森」の造成開始から50周年を迎え、記念植樹と森づくりの集いが19日、市内の帯広の森で行われた。市民ら約100人が見守る中、米沢則寿市長や歴代市長らは新たなシンボルツリーとなるハルニレ...

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク