全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

氷のキャンドル作り開始 氷灯夜向け準備着々【芽室】

900個のバケツを使って進められる氷灯夜のアイスキャンドル作り

 「第29回めむろ氷灯夜」(2月14日・芽室公園)に向け、会場を彩るアイスキャンドルの製作が12日、町車両センターで始まった。

 氷灯夜では4500個のアイスキャンドルが会場と周辺に飾られ、一夜限りの幻想的な空間をつくり出す。実行委によると、形のきれいなアイスキャンドルを作るためには、夜間に氷点下15度以下の冷え込みが必要という。

 この日は実行委員会のメンバーの他、町職員有志や町内の障害福祉サービス事業所「オークル」の利用者ら約30人が作業に当たった。防寒着に身を包んだ参加者は、前日に水を張っておいた900個のバケツから氷を取り出し、ろうそくを入れるための穴開けと水抜きを分担しながら手際よく行っていった。

 町職員の松田奈巳さん(46)は「アイスキャンドルの作り方はなんとなく知っていたけれど、いろいろと工夫がされている。なかなかの重労働」と話していた。製作は1週間続く。

関連記事

ひまわり迷路 笑顔咲く 本別

 「十勝ほんべつ ひまわり迷路2019」(実行委、前田農産食品主催)が20日、本別町弥生町のほ場で開幕した。大勢の親子連れらが訪れ、総延長約2キロの巨大迷路に歓声を響かせた。28日まで。  ...

19石垣港みなとまつり 海辺のイベント満喫 旧離島桟橋にぎわう

 石垣港の役割をPRする2019石垣港みなとまつり同実行委員会主催が「海の日」の15日、旧離島桟橋周辺と石垣港離島ターミナルで開かれ、大勢の家族連れや観光客らが生き物に触れられるタッチプール、小型...

躍動感あふれる舞踊披露 八重農郷芸が壮行公演 30日から 全国大会へ

 第43回全国高等学校総合文化祭「2019さが総文」(文化庁など主催)に沖縄県代表として出場する八重山農林高校郷土芸能部(新城愛結部長)は6日夕、石垣市民会館大ホールで記念壮行公演を行い、部員28人...

チームラボ帯広 準備OK 6日開幕

 体験型のデジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」は6日、道立帯広美術館(帯広市緑ケ丘2)で開幕する。会場設営も完了し、5日はスタッフへの説明や関係者を対象に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク