全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

みんなで「さーぎっちょ」 掛け声録音

中元三郎会長(右)の指導で、伝統行事「左義長」で流す掛け声を録音する児童=10日、白浜町中で

 和歌山県白浜町中で14日に営まれる伝統行事「左義長(さぎっちょ)」(どんど焼き)を前に、地元にある南白浜小学校の全校児童83人が10日、行事で山車を引く際に流す掛け声を録音した。
 左義長は正月飾りを載せた山車を引き、浜で燃やして一年の無病息災を祈る行事。住民有志でつくる「中さぎっちょクラブ」が、小正月の15日に近い日曜か祝日に営んでいる。
 録音した掛け声は、子どもたちが山車を引きながら浜通りを約1キロ練り歩くときにスピーカーで流す。行事には毎年半数ほどの児童が参加して掛け声を出しているが、行事を盛り上げるとともに、より多くの児童の参加を促したいという思いで毎年録音している。
 録音作業は学校の体育館であり、同クラブから中元三郎会長(76)ら3人が訪れた。全校児童は少し練習してから、中元会長の合図で「さーぎっちょ、さーぎっちょ」などと元気よく声を合わせ、掛け声をテープに録音した。
 6年生の松野春華さん(12)は「左義長は地域の人と触れ合う行事。山車を引っ張るときには周りにいろんな人がいて、みんなで協力して一生懸命取り組めるので楽しい」と笑顔。中元会長は「子どもたちは今年も声が出ていてよかった。当日は多くの子どもたちに参加してもらい、山車を引っ張ってもらえたら」と話した。
 左義長は14日午後1時半から、浜通りで営まれる。山車には正月飾り以外に、全校児童が願い事や今年の目標を書いた短冊を取り付ける。地域外から持ち込まれる正月飾りも増えているという。

関連記事

消防士体験でヒーロー気分

豊橋市「ふるさと納税」返礼品の一つ  自治体を選んで寄付をするふるさと納税制度で豊橋市に寄付した人ができる消防士の仕事体験「ファイヤーヒーロー体験」が16日、市中消防署で行われ、浜松市内の親子1組...

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク