全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「裕次郎」マンホール机に 帯広の有田さん思い結実

「毎日眺めては元気をもらっています」。マンホールに手を置き、いとおしそうに話す有田さん

 帯広市内の有田みよ子さん(75)の自宅に、重さ約100キロのテーブルがある。小樽市の「石原裕次郎記念館」(2017年8月閉館)の敷地内にあったマンホールを有田さんが譲り受け、加工した後、テーブルとして使っている。ファンとして60年以上、石原裕次郎に心を寄せてきた有田さんの“究極のグッズ”となり、毎日元気をもらっている。

 昭和を代表する俳優・裕次郎との出会いは有田さんが中学生の頃。主演映画「俺は待ってるぜ」を見て一気にとりこになった。以来、出演作品や楽曲には欠かさず触れ、のめり込んだ。「“どこが”というよりも全てが好き。そこに理屈はない」と熱く語る。

 グッズ収集はしていなかった有田さんだが、1987年に裕次郎が亡くなり、思い出を手元に残したいと集めるようになった。裕次郎最後のファンサービスとも言われた、東京・国立競技場での二十三回忌にも足を運んだ。現在自宅には、イベントで手に入れたワインボトルやミニチュアカーなどが並ぶ。

 裕次郎記念館にも年に4回以上は足を運んだ。足しげく通ったことで、館長の浅野謙治郎さんとも交友が生まれ、閉館の時には感謝の思いを込めて花束を贈った。

 有田さんがマンホールに目を付けたのは、記念館が取り壊し作業中だった2018年5月。何か思い出に残る物はないかと足元を見ると、ヨットの絵と裕次郎の名前が刻まれたマンホールがあった。

 すぐに欲しくなり小樽市水道局に連絡したが、「石原プロ(石原プロモーション)の物だから」と断られた。そこで有田さんは、石原プロ所属で館長だった浅野さんの許可をもらい、その後、土地所有者らからも承諾を得た。承諾取り付けの際は、札幌に住む有田さんの弟の米澤智嗣さん(65)の協力も得た。

 取り外し工事などを終え、自宅に届いたのは6月下旬。3カ月かけて自分の手で磨き続け、加工してテーブルに仕上げた。「閉館は寂しかったが、記念館の思い出の一つが家にあってうれしい」と話す。

 このマンホールを個人で所有しているのは有田さんだけ。「亡くなってからもこんなに愛される人は他にいない。毎日このテーブルで書き物をすると、夢や元気がもらえる」と目を輝かせている。

関連記事

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

紀伊民報社

地元消防と連携強化 白浜空港消防隊

 南紀白浜空港(和歌山県白浜町)の消防隊と同町を管轄する町消防本部が、連携を深めている。空港を運営する南紀白浜エアポートは、この連携が空港消防隊のレベルアップにつながるほか、事故や災害時への備え...

荘内日報社

庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方

 酒田市八幡地域・大沢地区の地域おこし協力隊員、阿部彩人さん(38)=同市大蕨=が中心になり、庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方を庄内弁で紹介するミュージックビデオを制作し、動画配信サイトな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク