全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

校庭リンクでスケート授業スタート 茅野市金沢小

校庭リンクでのスケート授業で初滑りを楽しむ児童たち=茅野市金沢小

 冬季に校庭をスケートリンクとして利用する茅野市内の3小学校のトップを切って、金沢小学校校庭リンクが6日に開場し、10日からは学校のスケート授業が始まった。氷点下の厳しい寒さの中、児童たちは頬を赤らめながら冬ならではの氷上の滑りを楽しんでいる。

 同校庭スケート場は金沢体育協会やPTA、公民館、財産区らが協力して造り上げる手づくりリンク。半世紀以上の歴史があるという。今冬は、昨年11月末から校庭への通水を開始。初冬の暖かな陽気で関係者は心配したが、年末年始の冷え込みで滑れるまでに氷が厚くなった。

 校庭リンクでの今冬初滑りを楽しんだ2年生は「寒いのは嫌いだけどスケートは楽しい」、スケートクラブ所属の5年生は「いっぱい練習してタイムを縮めたい」と話していた。同体協の丸山栄一会長は「暖冬で氷は例年より薄めだが、多くの地域住民の協力で滑走できるようになった。何とか1月いっぱい滑れれば」と話している。

 リンクは2月2日まで開場予定。朝は午前7時30分~8時30分、夜は午後6時30分~8時30分まで一般開放。19日は地区スケート大会、26日には校内記録会も行われる。

 北山小と泉野小は、ともに15日ごろの開場予定。開場期間は1月いっぱいの予定で、泉野小では26日に校内スケート記録会を開くという。

関連記事

紀伊民報社

富田川干上がる アユへの影響心配

 昨年10月以降、和歌山県の紀南地方で雨が少なく、富田川では近年にない大きな瀬切れが起こっている。漁協関係者は「昨秋から雨が少なく、アユのふ化と流下がうまくいったか心配だ。遡上(そじょう)が始ま...

宇部日報社

感謝弁当で恩師を接待

 山口県山陽小野田市の厚狭高(徳田充校長)総合家庭科3年生は17日、松花堂弁当を作り教職員38人に振る舞った。卒業を間近に控えた生徒による恒例行事で、授業で学んだ知識と技術で地元の食材と向き合い...

トムラウシ山野営指定地にトイレ増設 新得

 大雪山系トムラウシ山(2141メートル)の環境改善に取り組む「環境対策部会」(部会長・小西則幸新得山岳会長)の会合が15日、新得町役場庁舎で開かれた。来年度は野営指定地での携帯トイレブースを増設...

長野日報社

平穏祈り恵方に矢 長野県諏訪地方各地で「山の神祭」

 諏訪地方の各地で17日、山の安全や地域の無事平穏を祈る「山の神祭」があった。下諏訪町第三区は町内の国道142号沿いにある山の神社で行い、区役員や町内会長をはじめ区民約70人が参加。手作りの弓矢を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク