全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

岡谷蚕糸博物館と連携記念企画展 東京農工大科学博物館

諏訪式繰糸機のレプリカなどが展示されている企画展の会場=東京農工大学科学博物館

 岡谷市の岡谷蚕糸博物館と連携協定を結ぶ東京農工大学科学博物館(東京都小金井市)で3月30日まで、連携記念企画展「繭から糸を繰る~技術の変遷と未来~」が開かれている。協定締結後、両館の連携による初の催し。製糸技術の変遷に焦点を当てた企画展で岡谷側からは製糸業の隆盛を支えた諏訪式繰糸機のレプリカや製糸工場で働く工女の仕事量が分かる資料など約15点を展示している。期間中の2月2日には両館関係者や研究者らによる記念シンポジウムもある。

 協定は両館の連携による所蔵資料の有効活用や博物館活動の活性化などを目的とし、2017年12月に締結。今回の企画展は同大科学博物館の主催で開き、岡谷蚕糸博物館側は主に製糸に関わる展示で協力した。

 展示は動力化以前の糸繰りから自動繰糸機に至る技術の変遷を紹介する内容。明治以降一大製糸業地として発展した岡谷からは、宮坂製糸所が所蔵する大正時代から昭和初期にかけて使用された諏訪式繰糸機のレプリカをはじめ、工女の1日当たりの仕事量を示す繭や生糸、当時の写真などを展示した。

 岡谷蚕糸博物館は「岡谷の製糸業を知ってもらう良い機会」と歓迎。両館の連携により、今後「カイコの品種改良など東京農工大の強みや研究成果を岡谷で紹介することができれば」と期待している。

 企画展は入館無料。日、月曜と祝日は休館(2月3日は臨時開館、1月18、19、25、26日、2月22、23日、3月12日は臨時休館)。公開時間は午前10時~午後5時。2月2日午後1時からは同大小金井キャンパスグリーンホールでシンポジウムがあり、岡谷蚕糸博物館の高林千幸館長がパネリストを務める討論会、同館学芸員の林久美子さんによる諏訪式繰糸機の実演などがある。

関連記事

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

紀伊民報社

地元消防と連携強化 白浜空港消防隊

 南紀白浜空港(和歌山県白浜町)の消防隊と同町を管轄する町消防本部が、連携を深めている。空港を運営する南紀白浜エアポートは、この連携が空港消防隊のレベルアップにつながるほか、事故や災害時への備え...

荘内日報社

庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方

 酒田市八幡地域・大沢地区の地域おこし協力隊員、阿部彩人さん(38)=同市大蕨=が中心になり、庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方を庄内弁で紹介するミュージックビデオを制作し、動画配信サイトな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク