全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

自主活動で介護予防  「身近な拠点」に

歌を歌いながら手を動かす介護予防自主活動グループ「矢矧やわらぎ会」のメンバー=田辺市秋津町で

 和歌山県田辺市内で、地域住民による介護予防の自主活動が根付き始めている。活動内容は体操やレクリエーション、茶話会などさまざま。区単位など比較的小規模グループが地域の集会所などで開いている。近距離で集まれることが利点の一つで、地域のお年寄りたちが気軽に集える「身近な拠点」になっている。

 田辺市では2017年度から介護予防自主活動に取り組むグループを登録制にし、活動費の補助や出張講座の開催といった支援をしている。本年度登録しているのは24グループで、1グループは10~40人ほど。
 グループによって差があるが月1回程度、定期的に開催している。認知症予防講座やグラウンドゴルフ、体操、カラオケ、健康マージャン、食事会、ウオーキング、バスツアーなど活動内容もグループごとに自由だ。高齢者だけで運営するのではなく、地域の民生委員や福祉委員を中心に住民らが世話役を務めるグループも多い。
 同市秋津町、矢矧区の住民でつくる「矢矧やわらぎ会」は17年4月に結成。毎月第3月曜に矢矧会館で「ふれあいサロン会」を開いている。現在の会員は26人で、その約半数が80代以上の高齢者だ。ストレッチやゲーム、合唱、寸劇などをしている。
 このほど開かれた会では、歌を歌いながら体操をし、新聞紙でごみ箱作りをするなどした。皆でケーキを食べるなど楽しいひとときを過ごした。
 栗山恒子さん(95)は自宅から手押し車を押し10分ほどかけて歩いてきている。「ここに月1回来ることが習慣になっている。皆に会えるのは楽しい」と笑顔を見せる。
 会の代表を務める鈴木得二さん(80)は「高齢者が身近な場所で集い、みんなで明るく笑い合える機会になれば。人のつながりを広め、深めていきたい」、民生委員の永井和美さん(50)は「義務だと思ったら継続は難しい。年齢の垣根なく、自分も楽しみながら続けている」と話す。
 自主活動グループは老人クラブと違い、年齢にかかわらず誰でも参加できる、集まる場所が比較的自宅の近くといった特徴があるため、入会のハードルが低く、参加を促しやすいという。
 市の担当者は「活動が活発なグループの取り組みを広く知ってもらい、それぞれの地域で取り入れてもらえたら。市としても支援に力を入れていきたい」と話す。

関連記事

荘内日報社

新たな毛髪素材開発へ スパイバーとアデランス、共同研究着手

 鶴岡市のバイオベンチャー企業Spiber(スパイバー、関山和秀代表執行役)とアデランス(東京、津村佳宏社長)は19日、新たな毛髪素材の共同研究開発に着手したと発表した。スパイバーが持つ人工構造タン...

紀伊民報社

こいのぼり優雅に泳ぐ みなべの島ノ瀬ダム

 和歌山県みなべ町東神野川の島ノ瀬ダムに、こいのぼりが設置され、優雅に泳いでいる。  こいのぼりは住民から寄付されたもので、ダムを管理する南紀用水土地改良区で保管している。毎年、サクラの時季の...

生徒が手作り「弁当の日」 鹿児島、大島北高71人が挑戦

 奄美市笠利町の鹿児島県立大島北高校(新山剛校長)で19日、生徒たち自身が弁当を作り学校に持っていく取り組み「弁当の日」があった。1・2年生71人が弁当を持参。毎日、食事を作ってくれる人に感謝し...

観光大使に小谷さん、伊集院さん 沖永良部フラワーフェス

 第39回フラワーフェスティバル(鹿児島県和泊町商工会青年部主催)は17日夜、和泊中学校体育館であり、地元団体や沖縄県から来島した出演者らによる歌や踊りで盛り上がった。2019年度おきのえらぶ島...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク