全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

阿寒湖ワカサギ釣り 11日開業

氷に厚みをつける作業が続く「あいすランド阿寒」の会場となる阿寒湖

 阿寒湖で氷上レジャーを満喫できる「あいすランド阿寒」の人気アトラクションである天然わかさぎ釣りが11日から、オープンする。

 あいすランド阿寒は結氷した阿寒湖に〝出現〟する冬限定のレジャーランドで、スノーモービルやバナナボート、歩くスキー、アイススケートなどを楽しめる。例年1月1日に全面オープンしているが、今季は一部で氷の張りが薄いため、ワカサギ釣りの開始時期を遅らせている。

 氷の厚さは6日現在、約12㌢に達しており、開設の基準としている15㌢まで、もう一息という状態となっているという。運営する広大体験観光事業部と阿寒湖漁業協同組合の関係者らは、正月も厳しい冷え込みの中で散水、準備を進めている。「氷が厚くなるまで、時間がかかるのは数年周期であり、天気が相手のことなのでどうしようもない。安全対策を万全にして、お客さまを迎える」と話している。問い合わせは、広大体験観光事業部0154(67)4600へ。

関連記事

紀伊民報社

巨大な落石防護柵 地滑りの兆候で対策

 地滑りの兆候が確認されている和歌山県田辺市上秋津の奇絶峡に、高さ5・5メートル、延長約150メートルの落石防護柵が設置された。柵の上60メートルの所にある直径約3メートルの巨石が転落しても止め...

漂着ごみ186キロ収集 龍北中生らリサーチきょら活動 龍郷町

 鹿児島県奄美大島龍郷町の龍北中学校(山縣祥美校長、生徒7人)と奄美海上保安部は23日、同町の嘉渡海岸で漂着ごみを調査する「リサーチきょら活動」を実施した。生徒たちは教諭9人、海保職員4人と共に...

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

宇部日報社

児童がカヌー体験、小野湖で自然満喫

 小野小(河口龍裕校長)の3~6年生14人が22、23の両日、小野湖でカヌーを体験した。20年以上続く恒例行事で、2日目はアクトビレッジおのまで約2㌔の行程を往復。パドルの動かし方を確認しながら...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク