全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

寒さの中伝統行事「裸詣り」

 酒田市飛鳥の飛鳥神社で5日夜、伝統行事「裸詣(まい)り」が行われ、厳しい寒さの中、下帯姿の男性たちが冷水を浴びて参拝し、五穀豊穣(ほうじょう)や地域の安寧を願った。

 同神社の年越し行事「松例祭」として、主役の「松若勢(まつわかぜ)」と年男がツツガムシをかたどった大松明(たいまつ)を焼き、五穀豊穣などを願うもの。一時途絶えたが、1977年に旧平田町の青年による「平田の行事を楽しくする会」が復活させ、その後、氏子会が続けている。

 今年は小学2年から47歳までの男性合わせて14人が参加。白い下帯と足袋だけの姿となり、午後6時半ごろから本殿で祈祷(きとう)を受けた後、本殿南側の仁王堂を1周。堂前の「お清め場」で冷水を浴びて身を清めた後、本殿に参拝することを3回繰り返した。

 この日は雪こそ降らなかったものの、冷え込みが厳しく、時折吹く風が参道のちょうちんを揺らす中、裸姿の男性たちは「わっしょい、わっしょい」と勇ましい掛け声とともに走った。お清め場でしゃがみ、世話役の女性たちが木おけに入れた冷水を肩口から掛けると、「うぉーっ」などと悲鳴が漏れた。男性たちは必死の形相で耐え、全員が3回の参拝を終えた。

 昨年に続き2回目の参加という柿崎泰成さん(13)=東部中2年=は「雪があった去年より走りやすかったが、風が冷たく、去年よりずっと寒かった」と話した。

仁王堂前で冷水を浴びる参加者たち

関連記事

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

荘内日報社

地元役者 迫真の演技に拍手

 鶴岡市温海地域の戸沢地区に伝承されている「戸沢花胡蝶歌舞伎」の公演が16日、地元の戸沢自治公民館で行われた。地元住民ほか市内の児童館に通う小学生も観劇に訪れ、約70人の観客が地元役者の2時間にも及ぶ熱...

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク