全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広の慶愛が不妊治療病院 20年春に道東初開設

慶愛不妊治療センター(仮称)の完成予想図。2020年春にも開業する

 帯広市内で慶愛病院を手掛ける医療法人社団慶愛(丸山剛史理事長)は、2020年春にも、道東では初となる不妊治療専門病院を開設する。不妊治療は慶愛病院の生殖医療科で実施しているが、同部門を分院して体制を拡充する。19年末までに帯広市東3南9の敷地に「慶愛不妊治療センター(仮称)」を建設、同時に胚培養士の増員や培養器の増設を図る。道東で妊娠・出産を望む患者が、域内で十分な不妊治療を受けられる環境を整える。

 慶愛病院は16年に高度生殖医療を9年ぶりに再開。不妊治療で有名な加藤レディスクリニック(東京)で経験を積んだ真井英臣医師を中心に、体外受精などの体制を構築した。

 現在は十勝のほか釧路、根室からも患者を集め、開設から2年半の間に、約200人が体外受精で妊娠。一方で、患者の増加に伴い、受精卵を培養する能力が限界になっていた。

 不妊治療センターは3階建て、延べ床面積は約1000平方メートルで、慶愛病院の駐車場敷地の一部に建設する。5月に着工し、12月の完成予定。早ければ20年2月にオープンする。

 並行して体外受精の中核を担う胚培養士を現在の4人から5人に増員。培養器など設備も拡充し、患者に即応できる環境を整える。

 真井医師は「自然周期に近い状態で治療を実施し着実に成果を上げてきた。今後もスタッフ全員で技術を磨き、日本のトップ水準と比べても遜色のない高度生殖治療を提供したい」と話している。

関連記事

荘内日報社

新たな毛髪素材開発へ スパイバーとアデランス、共同研究着手

 鶴岡市のバイオベンチャー企業Spiber(スパイバー、関山和秀代表執行役)とアデランス(東京、津村佳宏社長)は19日、新たな毛髪素材の共同研究開発に着手したと発表した。スパイバーが持つ人工構造タン...

紀伊民報社

こいのぼり優雅に泳ぐ みなべの島ノ瀬ダム

 和歌山県みなべ町東神野川の島ノ瀬ダムに、こいのぼりが設置され、優雅に泳いでいる。  こいのぼりは住民から寄付されたもので、ダムを管理する南紀用水土地改良区で保管している。毎年、サクラの時季の...

生徒が手作り「弁当の日」 鹿児島、大島北高71人が挑戦

 奄美市笠利町の鹿児島県立大島北高校(新山剛校長)で19日、生徒たち自身が弁当を作り学校に持っていく取り組み「弁当の日」があった。1・2年生71人が弁当を持参。毎日、食事を作ってくれる人に感謝し...

観光大使に小谷さん、伊集院さん 沖永良部フラワーフェス

 第39回フラワーフェスティバル(鹿児島県和泊町商工会青年部主催)は17日夜、和泊中学校体育館であり、地元団体や沖縄県から来島した出演者らによる歌や踊りで盛り上がった。2019年度おきのえらぶ島...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク