全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広の慶愛が不妊治療病院 20年春に道東初開設

慶愛不妊治療センター(仮称)の完成予想図。2020年春にも開業する

 帯広市内で慶愛病院を手掛ける医療法人社団慶愛(丸山剛史理事長)は、2020年春にも、道東では初となる不妊治療専門病院を開設する。不妊治療は慶愛病院の生殖医療科で実施しているが、同部門を分院して体制を拡充する。19年末までに帯広市東3南9の敷地に「慶愛不妊治療センター(仮称)」を建設、同時に胚培養士の増員や培養器の増設を図る。道東で妊娠・出産を望む患者が、域内で十分な不妊治療を受けられる環境を整える。

 慶愛病院は16年に高度生殖医療を9年ぶりに再開。不妊治療で有名な加藤レディスクリニック(東京)で経験を積んだ真井英臣医師を中心に、体外受精などの体制を構築した。

 現在は十勝のほか釧路、根室からも患者を集め、開設から2年半の間に、約200人が体外受精で妊娠。一方で、患者の増加に伴い、受精卵を培養する能力が限界になっていた。

 不妊治療センターは3階建て、延べ床面積は約1000平方メートルで、慶愛病院の駐車場敷地の一部に建設する。5月に着工し、12月の完成予定。早ければ20年2月にオープンする。

 並行して体外受精の中核を担う胚培養士を現在の4人から5人に増員。培養器など設備も拡充し、患者に即応できる環境を整える。

 真井医師は「自然周期に近い状態で治療を実施し着実に成果を上げてきた。今後もスタッフ全員で技術を磨き、日本のトップ水準と比べても遜色のない高度生殖治療を提供したい」と話している。

関連記事

宇部日報社

感謝弁当で恩師を接待

 山口県山陽小野田市の厚狭高(徳田充校長)総合家庭科3年生は17日、松花堂弁当を作り教職員38人に振る舞った。卒業を間近に控えた生徒による恒例行事で、授業で学んだ知識と技術で地元の食材と向き合い...

トムラウシ山野営指定地にトイレ増設 新得

 大雪山系トムラウシ山(2141メートル)の環境改善に取り組む「環境対策部会」(部会長・小西則幸新得山岳会長)の会合が15日、新得町役場庁舎で開かれた。来年度は野営指定地での携帯トイレブースを増設...

長野日報社

平穏祈り恵方に矢 長野県諏訪地方各地で「山の神祭」

 諏訪地方の各地で17日、山の安全や地域の無事平穏を祈る「山の神祭」があった。下諏訪町第三区は町内の国道142号沿いにある山の神社で行い、区役員や町内会長をはじめ区民約70人が参加。手作りの弓矢を...

紀伊民報社

昔話の小説に再注目 06年に自費出版

 2006年に自費出版された昔話のパロディー小説「むかしむかしから」が、一部の読者の間で「時代を先取りしていた」と静かな話題になっている。桃太郎や金太郎、浦島太郎ら昔話の登場人物が勢ぞろいしたテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク