全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広の慶愛が不妊治療病院 20年春に道東初開設

慶愛不妊治療センター(仮称)の完成予想図。2020年春にも開業する

 帯広市内で慶愛病院を手掛ける医療法人社団慶愛(丸山剛史理事長)は、2020年春にも、道東では初となる不妊治療専門病院を開設する。不妊治療は慶愛病院の生殖医療科で実施しているが、同部門を分院して体制を拡充する。19年末までに帯広市東3南9の敷地に「慶愛不妊治療センター(仮称)」を建設、同時に胚培養士の増員や培養器の増設を図る。道東で妊娠・出産を望む患者が、域内で十分な不妊治療を受けられる環境を整える。

 慶愛病院は16年に高度生殖医療を9年ぶりに再開。不妊治療で有名な加藤レディスクリニック(東京)で経験を積んだ真井英臣医師を中心に、体外受精などの体制を構築した。

 現在は十勝のほか釧路、根室からも患者を集め、開設から2年半の間に、約200人が体外受精で妊娠。一方で、患者の増加に伴い、受精卵を培養する能力が限界になっていた。

 不妊治療センターは3階建て、延べ床面積は約1000平方メートルで、慶愛病院の駐車場敷地の一部に建設する。5月に着工し、12月の完成予定。早ければ20年2月にオープンする。

 並行して体外受精の中核を担う胚培養士を現在の4人から5人に増員。培養器など設備も拡充し、患者に即応できる環境を整える。

 真井医師は「自然周期に近い状態で治療を実施し着実に成果を上げてきた。今後もスタッフ全員で技術を磨き、日本のトップ水準と比べても遜色のない高度生殖治療を提供したい」と話している。

関連記事

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

紀伊民報社

地元消防と連携強化 白浜空港消防隊

 南紀白浜空港(和歌山県白浜町)の消防隊と同町を管轄する町消防本部が、連携を深めている。空港を運営する南紀白浜エアポートは、この連携が空港消防隊のレベルアップにつながるほか、事故や災害時への備え...

荘内日報社

庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方

 酒田市八幡地域・大沢地区の地域おこし協力隊員、阿部彩人さん(38)=同市大蕨=が中心になり、庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方を庄内弁で紹介するミュージックビデオを制作し、動画配信サイトな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク