全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大島紬をより身近に 奄美市、「紬の日」でイベント

大島紬姿で商店街を練り歩き紬の魅力をPRする参加者〓5日、奄美市名瀬

 1月5日は鹿児島県奄美市が提唱する「紬の日」。第41回紬の日のつどいは同日、奄美市名瀬のAiAiひろばであった。本場奄美大島紬のコーディネートコンテストをはじめ、反物販売、着付け体験、紬の小物作り教室など多彩なイベントを展開。和装、洋装を問わずこだわりの一着に身を包んだ老若男女が次々と来場し、会場は正月らしい雰囲気で華やいだ。

 本場奄美大島紬協同組合の前田豊成理事長は「消費者に支持される製品作りはもちろん、着物文化の浸透にも力を注ぎ、紬をより身近に感じてもらう取り組みと業界の発展につなげていきたい」とあいさつした。

 実行委員会会長の朝山毅市長(代読)は2017年から導入した紬購入費助成制度などを挙げ「大島紬は先祖から受け継がれてきた世界に誇る織物。伝統をつなぐ後継者育成の推進に努める」と語った。

 大島紬の着物と小物の組み合わせを機屋が提案するコーディネートコンテストには14作品がエントリー。来場者による投票の結果、奄美市名瀬の牧絹織物が2年連続グランプリに輝いた。同社は「紬は年齢層を問わずに着られる。たくさん楽しんでほしい」と喜びを語った。

 会場では写真撮影サービスのほか、反物や航空券が当たる抽選会も好評だった。恒例の紬大行進は大島紬の着物や洋服で着飾った男女が商店街を練り歩き、奄美の伝統産業をPRした。

 紬の日は1978年に旧名瀬市が制定。同組合のまとめによると、18年生産実績(検査反数)は3862反。和装需要の低迷や職人の高齢化などが響き、34年連続の前年割れと厳しい状況が進んでいる。

関連記事

個性豊かな550種 帯広の藤丸でミルク&チーズフェア

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2019」が17日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内を中心とした58社の乳製品・約550種類がそろい、初日から大勢の買い物客が詰めかけた。  道牛乳...

長野日報社

4年ぶりJ1挑戦 松本山雅FCが新体制発表

 再び、最高峰の舞台へ-。昨年サッカーJ2リーグを制して4年ぶりにJ1リーグに挑戦する松本山雅FCは14日、松本市のキッセイ文化ホールで2019年シーズンの新体制発表会を開いた。会場を埋めたサ...

氷のキャンドル作り開始 氷灯夜向け準備着々【芽室】

 「第29回めむろ氷灯夜」(2月14日・芽室公園)に向け、会場を彩るアイスキャンドルの製作が12日、町車両センターで始まった。  氷灯夜では4500個のアイスキャンドルが会場と周辺に飾られ、...

長野日報社

箱根駅伝「東海大」初優勝 両角監督出身地で広がる祝福

 東海大学が初めて総合優勝した第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)から一夜明けた4日、両角速監督の出身地で夏の合宿地でもある長野県の茅野市などでは、祝福や快挙をたたえる声が広がった。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク