全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大島紬をより身近に 奄美市、「紬の日」でイベント

大島紬姿で商店街を練り歩き紬の魅力をPRする参加者〓5日、奄美市名瀬

 1月5日は鹿児島県奄美市が提唱する「紬の日」。第41回紬の日のつどいは同日、奄美市名瀬のAiAiひろばであった。本場奄美大島紬のコーディネートコンテストをはじめ、反物販売、着付け体験、紬の小物作り教室など多彩なイベントを展開。和装、洋装を問わずこだわりの一着に身を包んだ老若男女が次々と来場し、会場は正月らしい雰囲気で華やいだ。

 本場奄美大島紬協同組合の前田豊成理事長は「消費者に支持される製品作りはもちろん、着物文化の浸透にも力を注ぎ、紬をより身近に感じてもらう取り組みと業界の発展につなげていきたい」とあいさつした。

 実行委員会会長の朝山毅市長(代読)は2017年から導入した紬購入費助成制度などを挙げ「大島紬は先祖から受け継がれてきた世界に誇る織物。伝統をつなぐ後継者育成の推進に努める」と語った。

 大島紬の着物と小物の組み合わせを機屋が提案するコーディネートコンテストには14作品がエントリー。来場者による投票の結果、奄美市名瀬の牧絹織物が2年連続グランプリに輝いた。同社は「紬は年齢層を問わずに着られる。たくさん楽しんでほしい」と喜びを語った。

 会場では写真撮影サービスのほか、反物や航空券が当たる抽選会も好評だった。恒例の紬大行進は大島紬の着物や洋服で着飾った男女が商店街を練り歩き、奄美の伝統産業をPRした。

 紬の日は1978年に旧名瀬市が制定。同組合のまとめによると、18年生産実績(検査反数)は3862反。和装需要の低迷や職人の高齢化などが響き、34年連続の前年割れと厳しい状況が進んでいる。

関連記事

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

紀伊民報社

白砂舞台に熱戦 ビーチアルティメット国際大会

 和歌山県白浜町の白良浜で13日、フライングディスク(FD)競技の一種「ビーチアルティメット」の国際大会の試合が始まった。日本を含む10カ国・地域から計40チームが参加し、16日まで熱戦を繰り広...

チームラボ帯広 多彩アート 開幕近づく

 十勝毎日新聞社の創刊100年記念事業として道立帯広美術館で開催されるデジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」の7月6日の開幕まで1カ月を切った。プログラムで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク