全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「小寒」も各地で夏日 晴れ間に海水浴楽しむ

「小寒」を前に気温が上昇した八重山地方。ビーチでは海水浴を楽しむ観光客の姿が見られた=5日午後、フサキビーチ

 きょう6日は二十四節気の一つ「小寒」。この日から2月4日の「立春」までを「寒の内」といい、一年で最も寒い時期とされる。しかし、今年の冬は寒さが長続きせず、昨年12月から夏日を観測するなど、暖冬傾向が続いている。

 5日も竹富町志多阿原(シタアバル)で27.7度、波照間で27.3度とそれぞれ平年を5.7度から6.1度上回り、1月の観測史上最高となった。最低気温は石垣市盛山の20.8度が最も低く、各地とも21度台を記録した。

 前線の影響で曇りや雨が多い一日だったが、午前中は晴れ間ものぞき、海岸では海水浴をして楽しむ親子連れや観光客の姿が見られた。

 東京都世田谷区から観光で10年ぶりに石垣島を訪れた小泉周平さん(42)一家は同日午後、フサキビーチでシュノーケリングを満喫。4日には「ドルフィンスイム」を楽しんだという。

 魚を見るのを楽しみにしていた長女の奏生(かない)さん(9)は「大きい魚がいて捕まえたかった。海の中はそこまで寒くなかった」、次女の咲生(さき)さん(6)は「しましまの魚がたくさんいてきれいだった。イルカと一緒に泳いだことが一番の思い出。太っちょのイルカがいた」と満足そう。

 周平さんと妻の恭子さんは「天気があまりよくないことを分かった上で来ている。東京より暖かくて過ごしやすかった。今度はもう少し暖かい時期にまた来たい」と語った。

関連記事

荘内日報社

新たな毛髪素材開発へ スパイバーとアデランス、共同研究着手

 鶴岡市のバイオベンチャー企業Spiber(スパイバー、関山和秀代表執行役)とアデランス(東京、津村佳宏社長)は19日、新たな毛髪素材の共同研究開発に着手したと発表した。スパイバーが持つ人工構造タン...

紀伊民報社

こいのぼり優雅に泳ぐ みなべの島ノ瀬ダム

 和歌山県みなべ町東神野川の島ノ瀬ダムに、こいのぼりが設置され、優雅に泳いでいる。  こいのぼりは住民から寄付されたもので、ダムを管理する南紀用水土地改良区で保管している。毎年、サクラの時季の...

生徒が手作り「弁当の日」 鹿児島、大島北高71人が挑戦

 奄美市笠利町の鹿児島県立大島北高校(新山剛校長)で19日、生徒たち自身が弁当を作り学校に持っていく取り組み「弁当の日」があった。1・2年生71人が弁当を持参。毎日、食事を作ってくれる人に感謝し...

観光大使に小谷さん、伊集院さん 沖永良部フラワーフェス

 第39回フラワーフェスティバル(鹿児島県和泊町商工会青年部主催)は17日夜、和泊中学校体育館であり、地元団体や沖縄県から来島した出演者らによる歌や踊りで盛り上がった。2019年度おきのえらぶ島...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク