全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「小寒」も各地で夏日 晴れ間に海水浴楽しむ

「小寒」を前に気温が上昇した八重山地方。ビーチでは海水浴を楽しむ観光客の姿が見られた=5日午後、フサキビーチ

 きょう6日は二十四節気の一つ「小寒」。この日から2月4日の「立春」までを「寒の内」といい、一年で最も寒い時期とされる。しかし、今年の冬は寒さが長続きせず、昨年12月から夏日を観測するなど、暖冬傾向が続いている。

 5日も竹富町志多阿原(シタアバル)で27.7度、波照間で27.3度とそれぞれ平年を5.7度から6.1度上回り、1月の観測史上最高となった。最低気温は石垣市盛山の20.8度が最も低く、各地とも21度台を記録した。

 前線の影響で曇りや雨が多い一日だったが、午前中は晴れ間ものぞき、海岸では海水浴をして楽しむ親子連れや観光客の姿が見られた。

 東京都世田谷区から観光で10年ぶりに石垣島を訪れた小泉周平さん(42)一家は同日午後、フサキビーチでシュノーケリングを満喫。4日には「ドルフィンスイム」を楽しんだという。

 魚を見るのを楽しみにしていた長女の奏生(かない)さん(9)は「大きい魚がいて捕まえたかった。海の中はそこまで寒くなかった」、次女の咲生(さき)さん(6)は「しましまの魚がたくさんいてきれいだった。イルカと一緒に泳いだことが一番の思い出。太っちょのイルカがいた」と満足そう。

 周平さんと妻の恭子さんは「天気があまりよくないことを分かった上で来ている。東京より暖かくて過ごしやすかった。今度はもう少し暖かい時期にまた来たい」と語った。

関連記事

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

紀伊民報社

地元消防と連携強化 白浜空港消防隊

 南紀白浜空港(和歌山県白浜町)の消防隊と同町を管轄する町消防本部が、連携を深めている。空港を運営する南紀白浜エアポートは、この連携が空港消防隊のレベルアップにつながるほか、事故や災害時への備え...

荘内日報社

庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方

 酒田市八幡地域・大沢地区の地域おこし協力隊員、阿部彩人さん(38)=同市大蕨=が中心になり、庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方を庄内弁で紹介するミュージックビデオを制作し、動画配信サイトな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク