全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ワサビ田にかれんな花 朝市で花茎販売

かれんな白い花を咲かせているワサビ(田辺市本宮町で)

 和歌山県田辺市本宮町の地域住民でつくる「四村川活性化委員会」(仲真二会長)が本宮町武住に設けているワサビ田にかれんな白い花が咲き、里山に春を感じさせている。ワサビの花茎は食べることができ、活性化委員会が毎週土曜に開いている朝市で販売している。  活性化委員会では熊野川水系の四村川に流れ込む武住谷川沿いで、清流を生かしてワサビの栽培とアマゴの養殖に取り組んでいる。  ワサビ田の広さは約150平方メートルで、印南町発祥の「真妻」などの品種を栽培。今月初旬から、1センチほどの大きさの白い花が咲き始めた。  活性化委員会では、本宮町渡瀬で毎週土曜の午前8時から開いている「よむら朝市」で花茎を販売。適度な大きさに切った花茎に熱湯(80度)を数度掛け、しょうゆなどに漬け込む食べ方などがある。価格は一束100円。  仲会長(76)は「花が咲き始めたころの花茎は柔らかくて食べ頃。花を飾って楽しんだ後に、食べる方もいる。ぜひ春の味覚を楽しんでいただければ」と話している。  問い合わせは、活性化委員会事務局の本宮行政局産業建設課(0735・42・0022)へ。

関連記事

第8回西表島人文化祭 島の魅力を再発見 展示や体験など満喫

 【西表】「文化力は島の力」をサブテーマとした「第8回西表島人(しまぴとぅ)文化祭」(西表島エコツーリズム協会主催)が14日、西表西部の中野わいわいホールで開かれ、販売、展示、体験型など30以上の...

長野日報社

相手の気持ちで「ものづくり」 諏訪市内小中学生がチャレンジショップ

諏訪市教育委員会は14日、市立11小中学校の児童生徒が同市の独自科目「相手意識に立つものづくり科」で作った品物を販売する「チャレンジショップ2019」を初めて市駅前交流テラスすわっチャオを会場に...

豊川市若者ボランティア振り返りの会

 豊川市は14日、若者にボランティアや市民活動への参加を促進するための体験講座「とよかわボラなび2019」の振り返りの会をプリオ(諏訪3)で開いた。  今年は16歳から25歳までの高校生や大学生、...

紀伊民報社

冬の海辺に黄色い花 キノクニシオギク

 和歌山県紀南の海辺で、キノクニシオギク(キク科)が黄色い花を咲かせている。県レッドデータブックで準絶滅危惧に分類されている。  紀伊半島に自生する野生のキクで、シオギクとイソギクの自然交雑群と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク