全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ワサビ田にかれんな花 朝市で花茎販売

かれんな白い花を咲かせているワサビ(田辺市本宮町で)

 和歌山県田辺市本宮町の地域住民でつくる「四村川活性化委員会」(仲真二会長)が本宮町武住に設けているワサビ田にかれんな白い花が咲き、里山に春を感じさせている。ワサビの花茎は食べることができ、活性化委員会が毎週土曜に開いている朝市で販売している。  活性化委員会では熊野川水系の四村川に流れ込む武住谷川沿いで、清流を生かしてワサビの栽培とアマゴの養殖に取り組んでいる。  ワサビ田の広さは約150平方メートルで、印南町発祥の「真妻」などの品種を栽培。今月初旬から、1センチほどの大きさの白い花が咲き始めた。  活性化委員会では、本宮町渡瀬で毎週土曜の午前8時から開いている「よむら朝市」で花茎を販売。適度な大きさに切った花茎に熱湯(80度)を数度掛け、しょうゆなどに漬け込む食べ方などがある。価格は一束100円。  仲会長(76)は「花が咲き始めたころの花茎は柔らかくて食べ頃。花を飾って楽しんだ後に、食べる方もいる。ぜひ春の味覚を楽しんでいただければ」と話している。  問い合わせは、活性化委員会事務局の本宮行政局産業建設課(0735・42・0022)へ。

関連記事

38年間の植物研究

瀧崎さんが「~東三河~野の花たちの歳時記」出版  豊橋市立東部中学校教諭、瀧崎吉伸さん(61)が、38年余にわたる植物研究の成果を分かりやすくまとめた「~東三河~野の花たちの歳時記(ダイアリー...

紀伊民報社

飲酒運転を取り締まり 夏の交通安全運動

 わかやま夏の交通安全運動が11日、始まった。20日までの期間中、飲酒運転の根絶や横断歩道での歩行者優先などを重点に、県内各地で啓発活動が実施される。田辺署は運動に先立ち、飲酒運転の撲滅に向けて...

荘内日報社

鶴工高創立100周年記念 シルクプロジェクト 前身・染織学校に思い馳せ歴史と..

 鶴岡市の鶴岡工業高校(百瀨克浩校長)で10日、「鶴工シルクプロジェクト」のキックオフイベントが行われた。創立100周年を記念し、山形大国際事業化研究センター(小野寺忠司センター長)と連携した起業家育成...

釧路新聞社

羅臼高校、5年ぶり勝利を【羅臼】

   2020年度夏季北海道高校野球大会釧根支部大会(17日、釧路市民球場)に羅臼高校が秋季に続き単独で出場する。夏季大会出場は5年ぶり。昨年の秋季大会では初戦で釧工業に1ー11と大敗したが、今回...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク